« 大内宿 | Main | 雄国沼 »

2008.06.16

ドングリの木

 昨年の秋に拾ってきたドングリの実が芽を出し、グングン生長しています。20080616001

 ドングリの木を植林して、森づくりを推進し、地球環境に配慮してCO2(二酸化炭素)を削減しようなどと考えていた訳ではありません。

 しかし、よくよく考えてみると、一体ドングリの木一本が一年間に吸収するCO2の量はどれくらいなのでしょうか?
 また、私たち一人当たりの年間CO2排出量はどれくらいなものなのでしょうか?
 そんな素朴な疑問がわいてきます。

 調べてみると・・・・・

 一本のドングリの木が一年間に吸収するCO2は、およそ11㎏と試算されているようです。
 CO2が11㎏といってもピンときませんが、日常生活の中で例えると、車にETCを搭載して一年間走行するとちょうど同量のCO2削減になるようです。別な例ですと、エアコンのフィルターの掃除を月に2回程度した場合の削減量と同等のようです。

 ドングリの木が12本ということは、12本×11㎏=131㎏

 CO2が131㎏削減されると試算される訳です。

 それでは、いったい人間一人当たりの年間CO2排出量はどれくらいなのでしょうか?

 なんと10,222㎏程度だそうです。

 ・・・・・ということは、単純に計算するとドングリの木を930本ほど育てる必要が・・・・・

 

|

« 大内宿 | Main | 雄国沼 »

つぶやき」カテゴリの記事