« 奥日光の紅葉 | Main | 阿武隈の名峰 霊山(りょうぜん) »

2016.10.30

晩秋の磐梯 猫魔ヶ岳(ねこまがだけ)

 磐梯山の西に位置し、雄国沼カルデラの外輪山の一峰である標高1,404メートルの猫魔ヶ岳を訪れた。

猫魔ヶ岳山頂からの磐梯山(復路に撮影)20161030018

 今回は、磐梯山への登山口として有名な八方台登山口から出発し、猫魔ヶ岳、猫石を経て雄国沼をピストンするコース。尾根沿いのコースが続き、コースから南には猪苗代湖、北には桧原湖、西には目指す雄国沼、そして東には磐梯山と、素晴らしい景色を眺めながら歩くことができる。また、猫魔ヶ岳の山頂には、一等三角点が置かれている。

 八方台駐車場に6:30頃到着、紅葉は既に終わっており、落葉したブナの白肌の幹・枝が目立っていた。あたり一面ガスに覆われ、木々には霧氷が着き、晩秋というよりも初冬といったほうがふさわしい風情である。

眺望の利かない寒々として尾根を進む
20161030002

早朝の猫魔ヶ岳の山頂(霧氷が美しい)
20161030001

猫魔ヶ岳の氷の芸術
20161030003

20161030004

20161030005

 猫魔ヶ岳の山頂から猫石を経て雄国沼へ降りていくが、視界が利かないため、雄国沼湖畔からすぐに引き返す。
 幸運なことに、復路、猫岩あたりから、ガスが晴れてきた!

霧氷に輝く猫石直下20161030009

 猫石から猫魔ヶ岳への鞍部で、ガスが晴れるのをじって待っていると、目の前に霧氷をまとい、白く輝く猫魔ヶ岳の姿が・・・・・。

20161030010

20161030011

20161030012

20161030013

 太陽が出ると同時に、霧氷は溶け出し、あっという間に地表に落ちる。
 登山道は、まるで雪が積もったかのよう。

 往路は何も見えなかった猫魔ヶ岳山頂も、復路は360度の大展望を満喫することができた。

西には雄国沼
20161030016

北には桧原湖
20161030017

南には猪苗代湖
20161030020

東には磐梯山
20161030019

 猫魔ヶ岳の山頂からは、晴れて明るくなった登山道を、一気に八方台まで戻る。

すっかり落葉したブナ林
20161030021

|

« 奥日光の紅葉 | Main | 阿武隈の名峰 霊山(りょうぜん) »

トレッキング・登山」カテゴリの記事