« February 2022 | Main | April 2022 »

March 2022

2022.03.27

みかも山再訪 カタクリとシュンランの山

 カタクリとシュンランの花を愛でるためにみかも山を再訪した。
 前回同様、西口広場に車を駐め、まずは青竜ヶ岳山頂を目指す。
 山頂からは、富士山は見えなかったものの、浅間山や赤城、前日光、日光白根などの山々を望むことができた。

登り出すとシュンランが群生している。
20220327001

スミレが咲き出していた。
20220327002

20220327003

レンゲツツジも咲き出している。
20220327006

青竜ヶ岳山頂より浅間山
20220327005

日光白根山と錫ヶ岳
20220327014

 栃木百名山も残り2座となってから久しいが、残っている一座が錫ヶ岳だ。

 青竜ヶ岳山頂を越え、万葉自然公園かたくりの里へ。
 カタクリが咲き乱れている。

カタクリの花
20220327007

20220327008

20220327009

20220327010

20220327011

20220327012

アズマイチゲも咲いている。
20220327013

 東京では桜が満開というニュースもあるが、こちらはこれから・・・

20220327015

20220327016

 この時期のみかも山はなかなか魅力的である。

|

2022.03.20

みかも山とかたくりの花

 かたくりの花との出会いを求めて、栃木県佐野市の万葉自然公園かたくりの里を訪れた。

20220320011

 みかも山公園西口広場駐車場へ車を駐め、みかもハーブ園を抜けてすぐ、階段状の登山道へ入り、青竜ヶ岳を目指す。
 青竜ヶ岳はみかも山の北側のピークで標高229メートルの低山ながら、山頂からは富士山や浅間山、日光連山などが望める好展望地。
 この青竜ヶ岳の北斜面にカタクリの群生地が拡がっている。

 青竜ヶ岳への登山道を登り始めてすぐに、シュンラン(春蘭)のお出迎え。
 あちこちで春蘭が咲いている。

20220320001

20220320016

 青竜ヶ岳山頂からは、富士山、浅間山、赤城山、妙義山、袈裟丸山、皇海山、日光白根山、そして日光連山などの眺望が得られる。

富士山
20220320002

浅間山
20220320014

皇海山
20220320015

 青竜ヶ岳から北側斜面を下ると、かたくりの群生地へ出るが、上部の登山道には鉄柵が設けられている。
 かたくり群生地の保護のためらしいが、一度山を下りてまわりこまないと群生地へ入ることができなくなった。

20220320003

 かたくりの花・・・・・午前10時頃なので、まだ十分に花が開いていない。蕾みも目立つ。
 十分に反り返った花を見るには、やはり、午後からがいいのだろう。
 それでも美しいかたくりの花々を愛でることができた。

20220320005

20220320006

20220320007

20220320008

20220320009

20220320010

20220320012

20220320013

 帰りに、みかもハーブ園の東側に昨年夏出来た古民家カフェ「プレジール」へ立ち寄った。
 ランチ、ドリンク、そして自家製酵母のパンと、一服するのにちょうど良い。

20220320019

20220320017

20220320018

 青竜ヶ岳は229メートルの低山ながら、登山道は急な斜面が多く、いいトレーニングになる。

|

2022.03.12

早春の鍋足山

 早春の山野草を求めて鍋足山へ・・・シュンランもスハマソウもちょっと早かった(残念)

 笹原登山口の梅は、まだ蕾

20220312001

 陽当たりの良い斜面に、シュンランの姿を求めたが、ほとんどは蕾のまま。

20220312002

 運良く、一株だけ、今正に開花した株を発見!

20220312003

 お目当てのスハマソウはというと・・・

 気の早い株が数株、開花していた。

20220312004

20220312005

20220312006

 大中寺周辺では、福寿草が咲いていた。

20220312007

|

« February 2022 | Main | April 2022 »