« みかも山再訪 カタクリとシュンランの山 | Main | 早春の花咲く角田山・弥彦山・国上山<パート2:弥彦山と国上山> »

2022.04.03

早春の花咲く角田山・弥彦山・国上山

 新潟の角田山(かくだやま)を、早春の雪割草(オオミスミソウ)を求めて訪れた。
 今年で3年連続の訪問となるが、訪れる度に違った表情を見せてくれる。

 早朝4時30分に出発・・・9時過ぎに角田浜(海水浴場)駐車場へ到着!!

20220402001

 駐車場から国道に上がり、非公式コースの桜尾根コースを登っていく。
 このコースは私有地を登っていくが、雪割草を楽しむには適したコースとなっている。

20220402002

 登初めて、後ろを振り返れば、佐渡島に雪をかぶった金北山

20220402003

 登初めてすぐに雪割草(オオミスミソウ)が群生している。
 急登だが、写真を撮りながらなので、疲れることがない。

20220402004

20220402005 20220402007 20220402009

 桜尾根コースは、山頂手前で灯台コースと合流するが、雪割草だけでなく、いろいろな早春の花々が楽しめる。

エンレイソウ
20220402011

シュンラン
20220402012

ショウジョウバカマ
20220402013

 標高481.7メートルの山頂は広く、多くの登山者で賑わっている。

20220402014

 下山路は、灯台コースを進む。
 このコースは、特にカタクリの群生が見事だった。

20220402015 20220402016 20220402018

 なんと言っても,一番うれしかったのが、この白花カタクリ・・・
 超レアな出会い!!

20220402017

 きれいな雪割草が結構咲いている。

20220402019 20220402020 20220402021 20220402022 20220402023 20220402025 20220402027 20220402029 20220402030

 カタクリや雪割草が咲く林を抜けると、一気に目の前に日本海が出現する。

20220402032

 後ろを振り返れば,歩いて来たトレイルがはっきり見える。

20220402033

 角田岬と灯台・・・そして角田浜

20220402034 20220402035

 日本海から登初め、山頂を極め、また日本海へ向け下山する。

 昨年も書いたが、まさに「シートゥーサミット」だ。

20220402036

 

|

« みかも山再訪 カタクリとシュンランの山 | Main | 早春の花咲く角田山・弥彦山・国上山<パート2:弥彦山と国上山> »

トレッキング・登山」カテゴリの記事