« April 2022 | Main | June 2022 »

May 2022

2022.05.21

日本百低山 鋸山へ

 日本百低山(小林泰彦選)の千葉県房総半島の名山、鋸山(標高299.1メートル)を訪れた。
 鋸山は、その名のとおり、ノコギリ状のギザギザした山容が特徴で、途中には、古代遺跡を思わせる石切場跡や、千五百羅漢像や高さ31メートルの大仏をようする日本寺などがあり、見所満載の低山である。

 国道127号沿いにある「金谷海辺公園」駐車場(無料)へ車を駐める。

金谷海辺公園駐車場(無料:15台程度)
20220521001

 駐車場目の前の信号を渡り、JR浜金谷駅でトイレを借りる。
 
JR浜金谷駅前
20220521002

 鋸山目指して歩を進めるが、迷わない程度に道標があり、導いてくれる。

 山麓には、500円の有料駐車場が複数あり。

20220521003

 「観月台道」と「車力道」との分岐(分岐A)が登山口となるが、登山口へ向かう途中、JR内房線の線路下を抜ける。

JR内房線の線路下を抜ける

20220521004

 この線路下で、リス(ニホンリス?)の出迎えを受けた。

ニホンリス?
20220521005

 登山口となる「分岐A」へ到着。
 観月台道と車力道の分岐となるが、今回は左側の車力道を進む。
 右が私道?、中央が観月台道(階段の道)、左が車力道となる。

登山口(分岐A)
20220521006

 緩やかな勾配の鋪装道を登っていくと、正面に鋸山が見え隠れする。

20220521007

 さらに進むと、高速道路の下へ出る。
 ここは「分岐B」となっており、高速道路の下をくぐらずに、左側を進む。

分岐B
20220521008

 分岐Bから少し進むと,歴史を感じる古道(車力道)となる。
 本格的な車力道への入口である。

20220521009

車力道の説明・・・なるほど!
20220521010

車力道・・・
20220521011 20220521012 20220521013 20220521014

 さらに「車力」についての説明が・・・なるほど!

20220521015 20220521016

 車力道を登って行くと、石切場跡が見えてくるが、まずは鋸山山頂と展望台を目指す。
 鋸山山頂並びに展望台方面と石切場跡の分岐が「分岐E」となる。

 分岐Eから急登すると分岐Fへ出る。
 この分岐Fが山頂と展望台の分岐となる。
 まずは山頂を目指す。

分岐F
20220521018

山頂への尾根道
20220521019

 山頂手前のピークにはヤマツツジが咲いていた。

山頂直下のヤマツツジ
20220521021

 金谷公園駐車場から、およそ1時間で鋸山山頂へ到着!
 一等三角点がある。海も見える。

鋸山山頂
20220521020

 山頂から引き返し、分岐Fへ戻る。
 ここから「東京湾を望む展望台」へ。東京湾を望む展望台は、その名のとおり、東京湾が一望できる。
 ベンチがいくつもおかれ、小休止にはもってこいの場所がゆえに、多くの人で賑わっていた。

20220521023

 賑やかな展望台を後にして、分岐Eへ戻り、石切場跡地へ。

分岐E
20220521024

 石切場跡地は、まるでいにしえの古代遺跡のようにも見える。
 天空の城ラピュタにたとえる人も多い。とにかく異空間だ。

「観音洞窟」
20220521025

 

20220521028

 石を切り出した跡をよく見ていると、当時の石切職人の遊び心が・・・
 今様に言うと「落書き」だろうか。

20220521027 20220521026

 岩壁の間をさらに進む。
 「分岐D」から「岩舞台」を目指す。

20220521029

石切場跡地「岩舞台」
20220521031 20220521033 20220521032

 「岩舞台」から「分岐D」にもどり、次の目的池である「日本寺」を目指す。

 石切場跡地から日本寺への道も、苔むした岩の古道となる。

20220521034 20220521035

 石切場跡地から日本寺への入口となる「日本寺北口管理所」へ出る。
 拝観料700円を納め、境内へ。

北口管理所・・・関所のようだ
20220521036

 ゲートを入ってすぐに「百尺観音」が出迎えてくれる。

百尺観音
20220521037

 百尺観音からさらに階段を急登すると、有名な「地獄のぞき」

地獄のぞき
20220521038

 地獄のぞき周辺からの眺望も素晴らしく、東京湾が一望できる。

20220521039

 日本寺境内を散策する。
 散策といっても、急な階段の上り下りの連続で、とにかく疲れる。

千五百羅漢 一体ごとのお顔がユニーク
20220521040

大仏 
20220521041

 この大仏は、高さが31メートルあり、日本一の大仏さまとパンフレットには書かれていた。
 確かに、奈良や鎌倉の大仏様よりはおおきいだろうが、牛久大仏は120メートルあるのだが・・・
 まぁ、牛久大仏は立像であり、こちらは坐像ということにしておこう。

 せっかくなので、下山には鋸山ロープウェイを利用してみた。

20220521042

 下山後、名物?アジフライを食べようと、「孤独のグルメ」でイノガシラさんが訪れた店を訪れたのだが、2時間待ちと言われて断念。

20220521043

 金谷公園横にあるお店にも向かってみたものの・・・残念

20220521044

 東京湾には、空母が

20220521045

 あじフライが食べられなかったのが心残りな、鋸山登山だった。

|

2022.05.15

東京・谷中七福神めぐり

 近頃、天気が優れない時は山ではなく、七福神巡りなどの散策を楽しんでいる。
 今回は江戸(東京)谷中七福神めぐり。

 谷中七福神めぐりは、250年程前から始まったとされる江戸最古の七福神と言われている。そして、一般的な七福神めぐりは、神社と寺院が混在しているのが普通だが、ここ谷中七福神は寺院のみ。
 各寺院での御朱印(500円)は通年いただけるが、七福神巡り専用の台紙は、1月1日から1月10日の期間限定。
 多くの寺院では御朱印受付所が設置されていないので、その時は勇気をだして社務所(ほぼ玄関)のインターホンを押すことになる。
 前回の浅草名所七福神めぐりのような派手さは一切ない。

 東京都北区田端(JR田端駅)から、荒川区西日暮里(西日暮里駅)、そして台東区谷中、上野公園(日暮里・上野駅)と、3つの区をまたぐおよそ5.5キロ、歩いて1時間半ほどの散策コース。

 まずは【東覚寺】(福禄寿) 田端
 山門の石造金剛力士像は「赤紙仁王」と呼ばれており、自分の身体の不調な箇所に赤紙を貼ると治ると言われている。

東覚寺
2022051501

赤紙仁王(赤紙が貼り付けられているのが二対の仁王様です)
20220515002

20220515003

 【青雲寺】 (恵比寿) 西日暮里

 江戸時代には花見の場所として賑わったことから「花見寺」とも呼ばれている。

青雲寺
20220515004 20220515005

 【修性院】 (布袋尊) 西日暮里

 青雲寺とともに花見の名所として、歌川広重の「名所江戸百景」の「日暮里寺院の林泉」に描かれている。

修性院
20220515006

 【天王寺】 (毘沙門天) 谷中

 元禄3年(1690年)の「元禄大仏」がひときわ目立つお寺。

天王寺
20220515007 20220515008

 【長安寺】 寿老人 谷中

 ここの寿老人像は、徳川家康公の寄進と伝えられている。

長安寺
20220515009

 【護国院】 大黒天 上野公園

 天海僧正が東叡山寛永寺の開山と同時に創建させた寛永寺最初の子院

護国寺
20220515011 20220515012

 【不忍池辯天堂(寛永寺)】 弁才天 上野公園

 不忍池の中島に建てられたお堂。
 本尊である辯才天は、八本の腕を持ち、煩悩を打ち壊す武器を手にしている「八臂辯才天」

不忍池辯天堂
20220515017

 「谷中七福神」に加えて、上野公園周辺のパワースポットを巡る。

寛永寺
20220515013

清水観音堂(寛永寺)
20220515021

 清水観音堂境内にある「月の松」
 松の輪の向こうに見えるのは不忍池辯才堂

20220515022

上野東照宮
20220515014

 上野東照宮から見上げる旧寛永寺五重塔

旧寛永寺五重塔
20220515016

花園神社
20220515023

 花園神社と境内が隣接する五條天神社
20220515024

 そして、お顔だけの大仏様、上野大仏とパゴタ(仏塔)
 上野大仏は、絶対に落ちないということで、いまや合格祈願のパワースポットとなっている。

上野大仏
20220515025

パゴタ
20220515026

 結びに、湯島天神へ

20220515018 20220515019

 湯島天神のそばの「うさぎや」で名物のどら焼きを購入

20220515020

 

|

2022.05.08

難台山 ~難台林道から難台山城趾を経て山頂へ~

 難台山は、道祖神峠や愛宕山経由で幾度となく登ったが、駒場地区から難台林道を経て山頂へ登るのは今回が初めてのこと。
 途中にある「小田五郎の碑」や南北朝時代の遺構「難台山城趾」を訪れながらの山歩きとなった。

駒場地区にある「滝入不動尊」に車を駐める。
20220508001

 駒場地区は、難台山の山麓の静かな山里。
 手入れされた梅林が点在し、枝には梅の実が実っている。

20220508002

 竹林からは筍が・・・

20220508003

 難台林道へ
20220508004

 始めはしっかりした鋪装道路を進む。

20220508006

 ホウチャクソウが目にとまった。

ホウチャクソウ
20220508005

 しばらく進むと、鋪装道路からはずれて、左手側、未舗装の林道へ導かれる。
 道標は朽ちて、地面に置かれているので、分かりづらい。

20220508007

 未舗装の林道をしばらく進む。

20220508009

 ニリンソウやウラシマソウが目に付いた。

ニリンソウ
20220508008

ウラシマソウ
20220508010

 しばらく進み、今度は右手側の登山道へ

20220508011

 滑りやすい急斜面を登ると、広い林道に出る。

20220508012

 右手へ進むと「小田五郎の碑」
 左手へ進むと「難台山城趾」「山頂」
 まずは、小田五郎の碑を訪れてみる。

20220508014 20220508013

 林道に戻り、次の目的池である「難台山城趾」を目指す。

20220508015

 難台山城趾の案内板があり、城趾を登ってみるが、私には城らしい遺構を見つけることが出来なかった。

 ただ、一帯はヤマツツジが群生していた。

20220508016

20220508017

 さらに登ると、歩き慣れた愛宕山からの縦走路へ出る。
 山頂はすぐそこ。

20220508018

 難題山の山頂へ

20220508019

 難題山の山頂付近は、ヤマツツジが見頃~終盤を迎えている。

20220508020

 頭上では眩しいくらいの新緑が・・・

20220508021

 難題山山頂から縦走路を団子石峠へ

 団子石峠から鋪装路を一気に駒場まで下りていく。

 団子石峠からの路と、難台林道の分岐に濃い紫色をしたキランソウを発見

20220508022

 滝入不動尊から山頂まで1時間半ほど。
 山頂から団子石峠経由で下山に1時間半ほど。
 あわせて3時間程の山歩きとなった。

|

2022.05.01

浅草名所七福神もうで

 江戸文化発祥の地、浅草の地で祀られている九社寺の七福神を参拝さてきた。
 七福神巡りが流行したのは、江戸時代からと伝えられており,江戸(東京)の地では、日本橋七福神もよく知られている。
 仏教で進行された毘沙門天・大黒天・弁財天、儒教で尊ばれた福禄寿・寿老人・布袋尊、日本の神として尊ばれた恵比寿神が福徳円満の神として祀られ、人々の信仰をあつめてきた。

 浅草の七福神が九社寺なのは「九は数の究み、一は変じて七、七は変じて九と為す。九は鳩であり、あつまる意味をもち、又、天地の至数、易では陽を表す」という故事に由来したことによるようだ。

 今回は、上野駅を午前8時にスタートし、「矢先稲荷神社」⇒「浅草寺」⇒「浅草神社」⇒「待乳山聖天」⇒「今戸神社」⇒「橋場不動尊」⇒「石浜神社」⇒「吉原神社」⇒「鷲神社」を巡り、上野駅へ戻るコースを歩く。

 まず矢先稲荷神社。
 福禄寿が祀られており、拝殿の格子天井には「日本馬乗史」100名の絵が奉納されている。

20220501001 20220501002 20220501003

 誰もが知っている浅草寺。
 仲店商店街もオープンしていない時間帯にもかかわらず、この界隈は人で賑わっている。
 祀られているのは大黒天。

20220501004 20220501005

 浅草寺の境内に隣接し、「三社さま」として親しまれている浅草神社がある。
 恵比寿神が祀られている。

20220501006 2022050100720220504003

 浅草神社から東の隅田川沿いへ向かうと、東京スカイツリーがよく見える。
 アサヒビール本社と巨大オブジェと東京スカイツリーはなかなかの絶景!

20220501008

 隅田川沿いを北上し、待乳山聖天へ。
 毘沙門天が祀られているが、大根(野菜の)を供えるのが慣わしのようだ。
 なんでも大根は聖天の功徳を表すシンボルのようだ。

20220501009 20220501010 20220501011 20220501012

階段を昇らずにすむように、専用モノレールがあることに驚き!

20220504002

 今戸神社には福禄寿が祀られている。招き猫発祥の地とあり、境内は猫だらけ。
 沖田総司終焉の地とはどういうことだろう?

20220501013 20220501014

 さらに北上すると橋場不動尊がある。
 布袋尊が祀られている。
 書き置きの御朱印をお願いしたが、書き置きはないとのことで、またの機会に。

20220501015

 続いて白鬚橋近くの石浜神社へ。
 富士山遙拝所があったのが興味深い。

20220501016 20220501017 20220501018

 歩みを西に向け、吉原遊郭の歴史と重なり合ってる吉原神社へ。
 弁財天が祀られている。

20220501019 20220501020 20220501021

 九番目として酉の市で知られている鷲神社へ。
 寿老人が祀られているが、拝殿に置かれた巨大な「おかめ」のオブジェに目を奪われる。

20220501022 20220501024 20220501025

 浅草名所七福神めぐりの証である「色紙」。
 それぞれの社寺で書いてもらう。

20220504004

 浅草九社寺七福神巡りの結びとして、浅草寺近くの尾張屋で天丼を頬張る。
 開店の11時半にお店にたどり着くことができたためか、待つことなく店内へ入ることができた。

20220501026 20220501027

 

|

« April 2022 | Main | June 2022 »