« June 2022 | Main | September 2022 »

July 2022

2022.07.31

出羽三山詣 -月山 湯殿山-

 出羽三山信仰では、死後の世界を表す月山(1,984㍍)を訪れた。
 月山に咲く高山植物を愛でながら、山頂にある月山神社を参拝する。

 月山スキー場のリフト乗り場の駐車場(姥ヶ岳駐車場)に車を駐めスタート。
 ちょうどこの日は、月山夏スキーの最終日ということもあってか、混雑していた。

20220731001

 ペアリフト乗り場(リフト下駅)へ

20220731002

 リフトに乗って

 青空の下、姥ヶ岳が見える。

20220731003

 まずは、リフト上駅へ

20220731005

 月山の遙拝所がある。

20220731004

リフト上駅からの姥ヶ岳

20220731006

 まずは姥ヶ岳山頂を目指す。

 歩きだしてすぐに高山植物のお出迎え。

コバイケイソウ
20220731007

 月山を見上げると、空模様が怪しい・・・
 山頂に雲がかかりだしている。風も強そうだ。
 天気が下り坂であることを示す笠雲だろうか。

20220731008 

 姥ヶ岳の山頂直下には、雪田が残り、雪融けした周囲には高山植物が咲いている。

ヒナザクラ
20220731010

ニッコウキスゲ
20220731013

キンコウカ
20220731014

一面のキンコウカ
20220731015

 キンコウカの群落の地面をよく見ると、ミヤマリンドウがあちこちに咲いている。

ミヤマリンドウ
2022073101820220731017 20220731019

 姥ヶ岳山頂直下の雪田

20220731011_20220806113301

姥ヶ岳の山頂
20220731020

 残念ながら、姥ヶ岳山頂も雲に包まれた。
 月山を仰げば・・・雲に飲み込まれている。

20220731012

 姥ヶ岳の山頂からは、牛首を経て、月山山頂へ。
 天気がどんどん悪くなる・・・

タテヤマウツボグサ
20220731022   

チングルマの綿毛
20220731024

ウメバチソウ
20220731025

ミヤマウスユキソウ
2022073102620220731040

ハクサンイチゲ
20220731027

これは?シオガマの仲間だろう。
20220731028

ナンブタカネアザミ
20220731029

 牛首周辺に巨大な雪田が残り、多くのボーダーが楽しんでいる。

20220731030

 イワカガミ
20220731031

アオノツガザクラ
20220731032

チングルマ
20220731033

ミツガシワ
20220731034

コバイケイソウ
20220731035 20220731036

ツガザクラ
20220731037

ウサギギク
20220731038

ハクサンフウロ
20220731041

ジュウモンジソウ
20220731042

 鍛冶小屋手前にある「延命地蔵」

20220731043

鍛冶小屋跡
20220731044

 山頂へ続く尾根にでるとハクサンシャジンなども咲いている。

ハクサンシャジン
20220731045

ハクサンイチゲ
20220731046

ハクサンフウロ
20220731047

 頂上直下の避難小屋

20220731049

 月山神社

20220731048

 神社境内は写真撮影が禁止となっている。
 異空間・・・

 お祓い・祈祷をしていただいた。

 復路は牛首から直接リフト上駅へ

20220731050 20220731051 20220731052

ミツバノバイカオウレン
20220731053

20220731054

ヒナザクラの群生
20220731055

 リフト上駅へ

20220731057

 月山から下山し、すぐに湯殿山へ向かう。
 湯殿山は境内は撮影禁止。
 月山神社にもまして神秘性ただよう異空間だった。

20220731058 20220731059

|

出羽三山詣-羽黒山-

 出羽三山は、羽黒山(414㍍)・月山(1,984㍍)・湯殿山(1,504㍍)の三山の総称。
 羽黒山が現世、月山が死後、湯殿山が再生を意味し、「生まれ変わり」の山として古来から信仰を集めている。

 まずは現世の幸せを祈願するため、羽黒山へ。

大鳥居
20220801001

 参道入口に立つ大鳥居をくぐり、朱塗りの随神門へ。
 明治以前、神仏混淆時代は仁王門であったとのこと。

随神門
20220801002

 随神門より本殿まで、羽黒山の石段が続く。
 石段は、2,446段、約2キロ、およそ1時間の登りとなる。

 随神門から石段を若干下ると、いくつもの社が祀られている。

20220801003

 社を過ぎると朱塗りの神橋へ

20220801004

 「祓川」を渡り、須賀の滝へ
 古来、いわゆる祓の場で、ここで身を清めて参拝したようだ。

20220801005

 石段を少し進むと、まず圧倒されるような巨木に出会う。
 「爺(じじ)スギ」と呼ばれ国天然記念物となっている。
 樹齢がおよそ千年以上、羽黒山で最大最古の巨木である。

爺スギ
20220801006

 爺スギの奥に建つのが、「国宝 羽黒山五重塔」
 平安時代、平将門公の創建と伝わり、柿葺(こけら)、三間四方、五層素木造で、東北最古の建造物と言われている。

国宝 羽黒山五重塔
20220801007

20220801008

 五重塔を過ぎると、杉並木の中の登りとなる。
 この羽黒山杉並木は。樹齢300年~500年、400本余りの特別天然記念物となっている。

20220801009

20220801010

20220801011

 途中に茶屋が一軒ある。

20220801012

 20220801013

20220801014 

 本殿手前(山頂手前)の石段には、いにしえの人の「落書き?」がある。

山頂鳥居
20220801017

20220801016

20220801015

 山頂鳥居をくぐると、本殿へ出る。

 約1,400年前に、崇峻天皇の御子、蜂子皇子によって開山された羽黒修験道の総本山。
 境内には、重要文化財の本殿「三神合祭殿」、蒙古襲来の平定祈願の奉賽として鎌倉幕府より奉納された「建治の大鐘」など多くの文化財、史跡がある。

三神合祭殿
20220801018

 羽黒山、月山、湯殿山の神々を祭っている。

20220801019

建治の大鐘
20220801020

鏡池
20220801021

 さぁ、次は月山へ

|

2022.07.03

花の平標山

 登山口駐車場へ前夜泊、自分勝手に楽しむためには早起きが鉄則と、午前4時半頃には行動開始!

20220703001

 登山口から、まずは鉄塔立つ4合目を目指して、樹林帯を急登、一気に標高を稼ぐ。
 危険な箇所はないが、急登に汗が噴き出す。

20220703002

 4合目、鉄塔が建つ場所が小休止の第一ポイント
 苗場スキー場が一望できる。

20220703003

 4合目を過ぎる頃から、おなじみの高山植物たちが顔を出す。

ツクバネソウ
20220703004

ユキザサ
20220703005

ツマトリソウ
20220703006

シャクナゲ(アズマシャクナゲ or ハクサンシャクナゲ)
20220703007

 6合目 松手山(標高1613.8メートル)へ到着。山頂は眺望に優れ、特に苗場山の独特の山容が目を惹く。
 三等三角点も置かれている。

20220703008 20220703009

 松手山から平標山へは、気持ちの良い稜線歩きとなる。

松手山山頂の後ろに苗場山
20220703011

 7合目付近、平標山へ向かう稜線上にトレイルは続く。

20220703012

 高山植物の花々が出迎えてくれる。

オオバギボウシ
20220703013

オノエラン
20220703015 20220703016

ハクサンチドリ
20220703017 20220703018

ハクサンフウロ
20220703019

 花々を愛でながらの稜線歩き。
 目指す平標山の頂はまだ遠い。

20220703020

 稜線上にコバイケイソウが咲いていた。

20220703021

 歩いてきたトレイルを振り返ると、苗場山方面に怪しい雲が・・・

20220703022

 この高山植物の名前は何だろう?
 なんとなくイチヤクソウにも似ているが・・・

20220703023

 やっとのことで平標山の山頂直下へ
 目の前の頂が平標山の山頂だあ!

20220703024

平標山の山頂
20220703025

 山頂で休憩していると、苗場山方面から雷鳴が聞こえだした。
 仙ノ倉へ行くのをやめて、山ノ家方面へ下山することにした。

仙ノ倉山
20220703026

 平標山から平標山ノ家までの間も、可憐な花々との出会いを楽しめる。

イワカガミ
20220703029

タテヤマリンドウ
20220703028

 山ノ家へ向けて急な階段を慎重に下る。苗場山方面の雷鳴は徐々に大きくなる。
 それにしても、この山は階段が多くて疲れる。

20220703035

タニウツギ
20220703031

トキソウ
20220703032

ワタスゲ
20220703033

ゴゼンタチバナ
20220703034

 平標山ノ家へ到着と同時に、大粒の雨が降り出した。
 ザックにレインカバーをかけ、急いで下山する。

20220703036

 山ノ家からは、大粒の雨に打たれ、頭上には雷鳴響く中の下山となった。

 ハクサンイチゲやハクサンコザクラが盛りの頃と違った山歩きが楽しめた。

 

|

« June 2022 | Main | September 2022 »