« April 2023 | Main | June 2023 »

May 2023

2023.05.28

中禅寺湖畔逍遥・・・菖蒲が浜から千手ヶ浜へ

 竜頭ノ滝南の菖蒲が浜から千手ヶ浜へ、中禅寺湖畔を歩いてきた。
 新緑の中、ヤマツツジとシロヤシオが満開、クリンソウも咲き始めていた。

 菖蒲が浜スキー場跡地の駐車場へ車を停め、日光プリンスホテル(廃業)横から中禅寺湖畔へ。

20230528001

 斜面にはクワガタソウが散見される。

クワガタソウ
20230528002

 湖畔のトレイル沿いには、シロヤシオとヤマツツジが咲き乱れている。

シロヤシオ
20230528004

トレイルに咲くヤマツツジ
20230528005

 中禅寺湖畔で一番のお気に入りスポットが「栃窪」
 樹齢300年以上といわれるトチノキの巨木が林立している。
 コンパクトながら白い砂浜も魅力の一つ。

栃窪
20230528006

20230528009

20230528008

20230528007

20230528011

 ふと足もとを見ると、ギンリュウソウが顔を出している。

ギンリュウソウ
20230528012

 高山への登山道が延びている熊窪手前では、シロヤシオとヤマツツジの共演が・・・

20230528013

20230528014

20230528015

 熊窪へ続くヤマツツジのトンネル

20230528016

20230528017

 湖畔に咲くヤマツツジ・・・

20230528019

20230528020

 この時期の名物、春ゼミの抜け殻
 陽が差すと、辺り一帯に春ゼミの鳴き声が響き渡る。

20230528021

 千手ヶ浜、そして仙人庵では、クリンソウが咲き始めていた。
 (といっても、まだまだこれから・・・)

クリンソウ
20230528022

20230528023

ニリンソウも
20230528024

サクラソウが見頃
20230528025

これは?
20230528026

 片道4キロ、往復3時間程のトレッキングでした。

 

 

|

2023.05.21

三斗小屋温泉へ

 那須連山の懐深く、歩いてしか行くことの出来ない“秘湯” 三斗小屋温泉を目的池として、峰の茶屋駐車場から峰の茶屋跡避難小屋、剣が峰を経て熊見曽根、隠居倉、そして三斗小屋温泉、沼原湿原分岐、延命水、那須岳避難小屋を経て、峰の茶屋駐車場へ戻る周回コースを歩いてきた。
 熊見曽根から隠居倉の尾根筋では「ミネザクラ」が見頃だった。

那須岳の主峰 茶臼岳(隠居倉から)
20230521019

 早朝5時半に峰ノ茶屋駐車場へ到着。
 駐車場は半分くらいの埋まりよう。
 新しく建て替えられたトイレ兼休憩所の建物の裏から歩き始める。

20230521001

 整備された歩道を登ると、登山指導所(だれもいないが・・・)に出る。
 これから向かう三斗小屋温泉の煙草屋の案内板が目を惹いた。

20230521002

 鳥居の立つ登山口から、登山開始!!
 少しのあいだ、樹林帯の中を登って行く。

20230521003

 すぐに、マイズルソウが群生している。まだ葉のみで開花しているものはなかった。
 イワカガミも咲き出していた。

イワカガミ
20230521004

 ミツバツツジも遠くから目立っていた。

ミツバツツジ
20230521005

 樹林帯を抜け、森林限界を超えると、一気に眼前がひらけ、荒々しい茶臼岳が姿を現す。

茶臼岳
20230521006

 足下には、コメバツガザクラやガンコウランが咲いている。

コメバツガザクラ
20230521007

ガンコウランの花
20230521008

 荒涼とした火山礫の道をゆっくりと登っていく。

20230521009

 茶臼岳と朝日岳の間の鞍部、風の通り道になっている場所に、峰の茶屋跡避難小屋が建つ。
 小屋から左へ進めば茶臼岳、右へ進めば朝日岳や三本槍岳へと至る。

峰の茶屋跡避難小屋
20230521010

 剣が峰をまき、朝日岳方面へ進む。
 月面思わせる、巨石がゴツゴツと乱立した、荒涼とした風景が続く。

20230521011

 朝日岳と三本槍岳の分岐となる、恵比寿大黒へ。

稜線上から茶臼岳を望む
20230521012

稜線上の指示板
20230521013

 まずは熊見曽根を目指そう。
 熊見曽根への稜線、美しい。

20230521014

 ミネザクラやシャクナゲがお出迎え!

ミネザクラ
20230521016

シャクナゲ
20230521017

 熊見曽根の頂上へ

20230521018

熊見曽根頂上からの茶臼岳
20230521019

熊見曽根頂上からの三本槍岳
20230521020

熊見曽根頂上から、次に向かう隠居倉
20230521021

 熊見曽根から隠居倉までの間では、ミネザクラが見頃を迎えており、ミネザクラ越しの山々が美しい!

20230521023

20230521024

 雪渓も残っていた。

20230521022

 隠居倉の頂上で小休止。
 登ってきた茶臼岳や朝日岳、三本槍岳、大倉山、そして遠くには会津駒ヶ岳や燧ヶ岳も見える。
 まさに絶景かな!

隠居倉の頂上
20230521028

会津駒ヶ岳
20230521030

燧ヶ岳とその奥に至仏山
20230521029

 隠居倉から三斗小屋温泉を目指して一気に標高を下げる。

イワナシ
20230521031

 三斗小屋温泉の源泉となる隠居倉火山の噴気孔
 あちこちから蒸気が噴出している。

20230521032

 しばらく歩くと三斗小屋温泉神社にたどり着く。
 小屋の扉を開けて中をのぞくと、実に立派な神殿が建っている。

 また、この神社の周囲は黄色のスミレがこの時期群生している場所でもある。
 おそらく「オオバキスミレ」だろう。

三斗小屋温泉神社
20230521034

オオバキスミレ(と思われる)
20230521033

20230521035

20230521036

 神社の参道にはショウジョウバカマも咲き残っていた。

ショウジョウバカマ
20230521037

 苔むした、今にも山に飲み込まれそうな狛犬

20230521038

 神社の鳥居をくぐると、そこは三斗小屋温泉。
 三斗小屋温泉は標高1450メートル程に位置し、1142年に発見されたといわれている。
 現在は、「煙草屋旅館」と「大黒屋」の2軒が営業している。
 旅館といっても、ほぼ山小屋で、ほとんどの客は登山客。

煙草屋
20230521039

 三斗小屋温泉を後にし、峰の茶屋跡避難小屋を目指す。
 登山道の途中には、ツバメオモトやサンカヨウが咲いているはず・・・

まずはスミレの群生
20230521040

フデリンドウ(ハルリンドウ?)
20230521041

 幸運にもヒメイチゲを見ることができた。ラッキー!

ヒメイチゲ
20230521042

 そして、やっとのことサンカヨウが一株咲き残っていた。

サンカヨウ
20230521043

 高山植物をさがしながら、ゆっくりと登って行く。
 峰の茶屋跡避難小屋への急登を控え、那須岳避難小屋で小休止。

那須岳避難小屋
20230521044

 那須岳避難小屋から、一気に標高をかせいで、稜線へ。

往路からの茶臼岳
20230521045

 朝は逆光でうまく撮れなかった朝日岳
 なかなか荒々しくアルペン的な山容である。

20230521046

 全行程、6時間程の山旅だった。
 やっぱり“山”はいいなぁ

|

2023.05.17

大宮逍遥 ~氷川神社へ~

 埼玉県さいたま市大宮に鎮座する 武蔵国一宮氷川神社を参拝した。
 2キロ程の気持ちの良い参道が南北に続いており、一の鳥居近くのホテルから出発し、神社で参拝して宿泊先に戻ると、ちょうど1時間程の散策となる。
 参道の両側には、大きなケヤキの木が並んでいる。

氷川神社へ続く氷川参道(二ノ鳥居)
20230517001

神社入り口の鳥居(三ノ鳥居)
20230517002

境内の神池を渡る朱塗りの橋
20230517003

立派な楼門
20230517004

拝殿
20230517005

 大宮市民の憩いの場となっているようで、早朝にもかかわらず多くの人が散策を楽しんでいた。

 大宮で訪れた二店舗を紹介・・・
 テレビで紹介されたお店とのこと。

20230517006

 店内は広くはない

20230517007

 うどんやなのかハンバーグやなのかわからない?

20230517008

 大宮のソウルフード?らしい ナポリタン
 ただし、この店のナポリタンはうどんベース・・・

20230517009

 もう一店舗

20230517011

 これまた、鶏と豆腐のお店「七伍」

 地産地消が売り

20230517010

20230517012

20230517013

 また訪れたいお店・・・

 

|

2023.05.06

新緑輝く滝入不動尊

 愛宕山の麓、駒場地区の滝入不動尊を訪れた。
 滝入不動尊の駐車場に車を駐め、乗越峠から団子石峠まで縦走し、再び滝入不動尊へ戻る周回コースが最近のトレーニングコースの一つとなっている。

滝入不動尊
20230506001

 10年以上の相棒、スズキジムニー
 日本の林道にはジムニーがちょうど良い。

20230506002

 朴(ホオ)の木が、美しい花を咲かせていた。

20230506003

 足下には、久しぶりのキンランも・・・

20230506004

|

« April 2023 | Main | June 2023 »