栃木百名山

2024.04.21

新緑眩しい雨巻山

 季節はあっという間に移り変わり、桜から新緑へ。
 そんな新緑眩しい雨巻山を訪れた。
 トレイル沿いの足もとには、小さき山野草が花を咲かせている。

チゴユリ
20240421001

紫のスミレ(何スミレかは?)
20240421002

ヤマブキの黄色
20240421003

シュンランも残っていた
20240421004

白く小さなスミレ
20240421005

ミツバツツジ
20240421006

途中のピークからの新緑
20240421007

20240421008

ヤマツツジ
20240421009

ツクバキンモンソウ
20240421010

イチゴ(何イチゴ?)
20240421011

ギンラン
20240421012

白花のスミレ(何スミレ?)
20240421014

ニリンソウ
20240421013_20240421134801

 雨巻山は花のイメージがなかったが、春にはこんなに多くの山野草が花を咲かせている。

|

2023.05.21

三斗小屋温泉へ

 那須連山の懐深く、歩いてしか行くことの出来ない“秘湯” 三斗小屋温泉を目的池として、峰の茶屋駐車場から峰の茶屋跡避難小屋、剣が峰を経て熊見曽根、隠居倉、そして三斗小屋温泉、沼原湿原分岐、延命水、那須岳避難小屋を経て、峰の茶屋駐車場へ戻る周回コースを歩いてきた。
 熊見曽根から隠居倉の尾根筋では「ミネザクラ」が見頃だった。

那須岳の主峰 茶臼岳(隠居倉から)
20230521019

 早朝5時半に峰ノ茶屋駐車場へ到着。
 駐車場は半分くらいの埋まりよう。
 新しく建て替えられたトイレ兼休憩所の建物の裏から歩き始める。

20230521001

 整備された歩道を登ると、登山指導所(だれもいないが・・・)に出る。
 これから向かう三斗小屋温泉の煙草屋の案内板が目を惹いた。

20230521002

 鳥居の立つ登山口から、登山開始!!
 少しのあいだ、樹林帯の中を登って行く。

20230521003

 すぐに、マイズルソウが群生している。まだ葉のみで開花しているものはなかった。
 イワカガミも咲き出していた。

イワカガミ
20230521004

 ミツバツツジも遠くから目立っていた。

ミツバツツジ
20230521005

 樹林帯を抜け、森林限界を超えると、一気に眼前がひらけ、荒々しい茶臼岳が姿を現す。

茶臼岳
20230521006

 足下には、コメバツガザクラやガンコウランが咲いている。

コメバツガザクラ
20230521007

ガンコウランの花
20230521008

 荒涼とした火山礫の道をゆっくりと登っていく。

20230521009

 茶臼岳と朝日岳の間の鞍部、風の通り道になっている場所に、峰の茶屋跡避難小屋が建つ。
 小屋から左へ進めば茶臼岳、右へ進めば朝日岳や三本槍岳へと至る。

峰の茶屋跡避難小屋
20230521010

 剣が峰をまき、朝日岳方面へ進む。
 月面思わせる、巨石がゴツゴツと乱立した、荒涼とした風景が続く。

20230521011

 朝日岳と三本槍岳の分岐となる、恵比寿大黒へ。

稜線上から茶臼岳を望む
20230521012

稜線上の指示板
20230521013

 まずは熊見曽根を目指そう。
 熊見曽根への稜線、美しい。

20230521014

 ミネザクラやシャクナゲがお出迎え!

ミネザクラ
20230521016

シャクナゲ
20230521017

 熊見曽根の頂上へ

20230521018

熊見曽根頂上からの茶臼岳
20230521019

熊見曽根頂上からの三本槍岳
20230521020

熊見曽根頂上から、次に向かう隠居倉
20230521021

 熊見曽根から隠居倉までの間では、ミネザクラが見頃を迎えており、ミネザクラ越しの山々が美しい!

20230521023

20230521024

 雪渓も残っていた。

20230521022

 隠居倉の頂上で小休止。
 登ってきた茶臼岳や朝日岳、三本槍岳、大倉山、そして遠くには会津駒ヶ岳や燧ヶ岳も見える。
 まさに絶景かな!

隠居倉の頂上
20230521028

会津駒ヶ岳
20230521030

燧ヶ岳とその奥に至仏山
20230521029

 隠居倉から三斗小屋温泉を目指して一気に標高を下げる。

イワナシ
20230521031

 三斗小屋温泉の源泉となる隠居倉火山の噴気孔
 あちこちから蒸気が噴出している。

20230521032

 しばらく歩くと三斗小屋温泉神社にたどり着く。
 小屋の扉を開けて中をのぞくと、実に立派な神殿が建っている。

 また、この神社の周囲は黄色のスミレがこの時期群生している場所でもある。
 おそらく「オオバキスミレ」だろう。

三斗小屋温泉神社
20230521034

オオバキスミレ(と思われる)
20230521033

20230521035

20230521036

 神社の参道にはショウジョウバカマも咲き残っていた。

ショウジョウバカマ
20230521037

 苔むした、今にも山に飲み込まれそうな狛犬

20230521038

 神社の鳥居をくぐると、そこは三斗小屋温泉。
 三斗小屋温泉は標高1450メートル程に位置し、1142年に発見されたといわれている。
 現在は、「煙草屋旅館」と「大黒屋」の2軒が営業している。
 旅館といっても、ほぼ山小屋で、ほとんどの客は登山客。

煙草屋
20230521039

 三斗小屋温泉を後にし、峰の茶屋跡避難小屋を目指す。
 登山道の途中には、ツバメオモトやサンカヨウが咲いているはず・・・

まずはスミレの群生
20230521040

フデリンドウ(ハルリンドウ?)
20230521041

 幸運にもヒメイチゲを見ることができた。ラッキー!

ヒメイチゲ
20230521042

 そして、やっとのことサンカヨウが一株咲き残っていた。

サンカヨウ
20230521043

 高山植物をさがしながら、ゆっくりと登って行く。
 峰の茶屋跡避難小屋への急登を控え、那須岳避難小屋で小休止。

那須岳避難小屋
20230521044

 那須岳避難小屋から、一気に標高をかせいで、稜線へ。

往路からの茶臼岳
20230521045

 朝は逆光でうまく撮れなかった朝日岳
 なかなか荒々しくアルペン的な山容である。

20230521046

 全行程、6時間程の山旅だった。
 やっぱり“山”はいいなぁ

|

2022.12.30

雨巻山~高峰~仏頂山 栃木・茨城の県境尾根縦走

 栃木と茨城の県境尾根である、雨巻山・高峰・仏頂山を縦走した。
 スタートは雨巻山登山のべースである大川戸駐車場。
 まずは西の尾根にあたる三登谷山(標高433メートル)を目指す。

 三登谷山の山頂には、テーブルとベンチが置かれ、日光連山や高原山の眺望が素晴らしい。

三登谷山の山頂
20221230004

日光連山の眺望
20221230005

 三登谷山の山頂から、西側の尾根伝いに雨巻山の山頂へ。
 途中、2ヶ所程、ベンチの置かれた富士山が望める展望地がある。

20221230003

左奥に筑波山が小さく見える
20221230002

 雨巻山の山頂(標高533メートル)は、意外と開けているので、休憩適地。

雨巻山山頂
20221230006

 雨巻山の山頂から、南へ下り始めると、すぐに「展望台」に遭遇する。

展望台
20221230007

 この展望台、周囲の木々が生長し、まったくの展望なし。

 展望台を後にし、深沢峠まで急な斜面を一気に下降する。
 急斜面と落ち葉とで、何度もスリップし、転倒しそうになった。

 標高398メートルピークには、国土地理院の三角点、文久の年号の入った大きな石の祠が祀ってあった。

三角点
20221230008

文久二(1861年)が見て取れる大きな石造りの祠「浅間宮」:屋根が落ちている
20221230009

 雨巻山から深沢峠めでのルートは「富士見コース」と呼ばれており、昔は富士山を望むことができたのだろう。
 石の大きな祠は、後で確認すると「浅間宮」のようだ。なるほど。

 高峰山との鞍部にあたる「深沢峠」、今は県道286号線が走る鋪装道路だが、峠へ出たら左へ少し下る。 
 道路沿いに案内板があるので、その林道(鋪装路)を右へ入っていくと高峰山への入口がある。

深沢峠
20221230011

高峰山への入口(左の階段から入山)
20221230012

 ここから高峰山を経て仏頂山への登山路には、やたらと長く急な階段が整備されている。
 整備をしてくれた方々には申し訳ないが、疲れている登山者の登坂意欲をなえさせるには十分な威力がある。

20221230013

 高峰山の山頂手前には、パラグライダー(ハンググライダー)の飛行台があり、筑波山方面の好展望地となっている。
 見晴らし、陽当たり抜群で、ずっと横になっていたい素晴らしい場所だ。

コース上随一の休憩スポットからの見晴らし(右に加波山、奥に筑波山)
20221230016

 飛行台から山頂まではすぐ。
 国土地理院の三角点と、一台のテーブルが置かれており、眺望ははぼゼロ。

高峰山の山頂
20221230018

 ここから途中、奈良駄峠を経て、仏頂山を目指してのアップ・ダウンとなる。
 やはり急階段には泣かされる。

20221230019 20221230020

桃太郎石?
20221230021

 やがて標高430メートルの仏頂山の頂へ!眺望はゼロ。

仏頂山
20221230022

 仏頂山麓の楞厳寺まで下山する。

20221230023

 山麓(楞厳寺境内地)には、鎌倉時代から18代にわたってこの地を治めた笠間氏累代の墓や、室町中期の創建といわれている「竟堅門」と呼ばれる山門もあり、疲れ切った登山者の心を癒やしてくれる。

20221230024

20221230025 20221230026

 木々の葉が落ちきっており、林床にも冬の陽射しが入るので、おおむね明るい雰囲気の中を歩くことができた。
 登山道も明瞭で道迷いの心配はない。
 特に高峰山頂付近のグライダー飛行台は一日でも過ごせるほど雰囲気の良い場所だった。
 ただ、高峰から仏頂の間に頻繁にあらわれる「急な階段」に体力が奪われてしまう。

 およそ14キロ程だろうか? 大川戸駐車場から楞厳寺山門まで、休憩を入れて5時間30分程の行程だった。

 

|

2022.11.27

末枯れの雨巻山

 晩秋、末枯れの雨巻山を訪れた。

 登山口は、いつもの「雨巻茶屋」の横から。

20221127001

 沢沿いの登山道を登って行く。
 所々に秋の名残が・・・

20221127002 20221127003 20221127004 20221127005 20221127006

 御岳山から北側の眺望。
 芳賀富士が見える。

20221127007

 稜線を歩き続け、雨巻山山頂へ。

20221127008 20221127009 20221127010

 日が落ち始めた山頂では、二人のペアが絵を描いていた。
 彼と彼女は、暗くなる前に登山口へ戻れたのだろうか。

|

2022.06.04

中禅寺湖北岸から高山へ

 中禅寺湖を一周する目的で、朝の7時に立木観音駐車場を訪れると既に満車。中禅寺湖のビッグトラウトを狙う釣り人たちが主に利用しているようだ。そこで、菖蒲が浜スキー場跡地駐車場へ。
 菖蒲が浜スキー場跡地から、赤岩、栃窪、熊窪、千手ヶ浜へと中禅寺湖畔のトレイルを進み、途中、仙人庵でクリンソウの群落を楽しみながら、中禅寺湖畔の南岸へと向かう。
 千手堂まで来ると、何と、南岸線は工事中のため通行止めとなっており、それ以上進むことができない。急遽予定を変更して、熊窪までもどり、そこから高山を目指すこととした。

赤岩から中禅寺湖の眺め
20220604001

トレイルから立木ごしの中禅寺湖
20220604005

ヤマツツジが見られた
20220604004

中禅寺湖畔北岸のお気に入りスポット 栃窪
20220604003

栃窪には巨大なトチノキの聖域
20220604002

千手ヶ浜から男体山
20220604006

 千手ヶ浜からさらに進み、クリンソウ群落のある仙人庵へ

仙人庵のクリンソウ
20220604007
20220604008
20220604012

 清流に映る新緑の緑

20220604011

20220604009

 こんな花も咲いている。

20220604010

 仙人庵から更に奥へ。

千手堂
20220604013

 千手堂から先は通行止めなので、ここから湖畔を歩いて引き返す。

20220604014

 熊窪まで戻り、高山へ向かう。
 いつもとは逆のルートになるが、熊窪から高山へ登るのは、結構キツい!

20220604015

 高山の山頂で、今まで全く気付かなかったが、国土地理院の一般的な三角点の他に、「御料局三角點」を発見した。
 この御料局三角點は、明治時代に旧宮内省が設置したもので、御料地であった奥日光の山々には数カ所設置されているようだ。

御料局三角點
20220604016

一般的な三角点
20220604017

 高山からは、竜頭ノ滝を経て駐車場へ

20220604019

 ズミの花が咲いていた。

20220604018

 

|

2022.03.27

みかも山再訪 カタクリとシュンランの山

 カタクリとシュンランの花を愛でるためにみかも山を再訪した。
 前回同様、西口広場に車を駐め、まずは青竜ヶ岳山頂を目指す。
 山頂からは、富士山は見えなかったものの、浅間山や赤城、前日光、日光白根などの山々を望むことができた。

登り出すとシュンランが群生している。
20220327001

スミレが咲き出していた。
20220327002

20220327003

レンゲツツジも咲き出している。
20220327006

青竜ヶ岳山頂より浅間山
20220327005

日光白根山と錫ヶ岳
20220327014

 栃木百名山も残り2座となってから久しいが、残っている一座が錫ヶ岳だ。

 青竜ヶ岳山頂を越え、万葉自然公園かたくりの里へ。
 カタクリが咲き乱れている。

カタクリの花
20220327007

20220327008

20220327009

20220327010

20220327011

20220327012

アズマイチゲも咲いている。
20220327013

 東京では桜が満開というニュースもあるが、こちらはこれから・・・

20220327015

20220327016

 この時期のみかも山はなかなか魅力的である。

|

2022.03.20

みかも山とかたくりの花

 かたくりの花との出会いを求めて、栃木県佐野市の万葉自然公園かたくりの里を訪れた。

20220320011

 みかも山公園西口広場駐車場へ車を駐め、みかもハーブ園を抜けてすぐ、階段状の登山道へ入り、青竜ヶ岳を目指す。
 青竜ヶ岳はみかも山の北側のピークで標高229メートルの低山ながら、山頂からは富士山や浅間山、日光連山などが望める好展望地。
 この青竜ヶ岳の北斜面にカタクリの群生地が拡がっている。

 青竜ヶ岳への登山道を登り始めてすぐに、シュンラン(春蘭)のお出迎え。
 あちこちで春蘭が咲いている。

20220320001

20220320016

 青竜ヶ岳山頂からは、富士山、浅間山、赤城山、妙義山、袈裟丸山、皇海山、日光白根山、そして日光連山などの眺望が得られる。

富士山
20220320002

浅間山
20220320014

皇海山
20220320015

 青竜ヶ岳から北側斜面を下ると、かたくりの群生地へ出るが、上部の登山道には鉄柵が設けられている。
 かたくり群生地の保護のためらしいが、一度山を下りてまわりこまないと群生地へ入ることができなくなった。

20220320003

 かたくりの花・・・・・午前10時頃なので、まだ十分に花が開いていない。蕾みも目立つ。
 十分に反り返った花を見るには、やはり、午後からがいいのだろう。
 それでも美しいかたくりの花々を愛でることができた。

20220320005

20220320006

20220320007

20220320008

20220320009

20220320010

20220320012

20220320013

 帰りに、みかもハーブ園の東側に昨年夏出来た古民家カフェ「プレジール」へ立ち寄った。
 ランチ、ドリンク、そして自家製酵母のパンと、一服するのにちょうど良い。

20220320019

20220320017

20220320018

 青竜ヶ岳は229メートルの低山ながら、登山道は急な斜面が多く、いいトレーニングになる。

|

2022.01.02

2022年の登初・・・雨巻山へ

 2022年登初・・・雨巻山が好展望の山だということにいまさらながら気が付いた。
 雨巻山の山頂は東側がひらけ遠く太平洋を望むことができるが、三登谷山から雨巻山へ至る西側の縦走路に何カ所か好展望のポイントがある。
 今日は残念ながら富士山は雲にかくれていたものの、八ヶ岳・浅間山・赤城山・日光連山・高原山・男鹿山塊・那須連山が一望できた。
 東京スカイツリーやビル群も・・・

雨巻山 山頂
20220102001

雨巻山 山頂からの眺望
20220102021

 雨巻山山頂から、好展望地を二つ経て三登谷山山頂までの間が眺望ポイント

八ヶ岳(左から赤岳・横岳・硫黄岳、少し離れて根石岳・天狗岳)
20220102002

浅間山
20220102003

赤城山
20220102004

 三登谷山の山頂からは、特に、日光・男鹿・那須方面が良い。

那須連山
20220102005

男鹿山塊
20220102006

高原山
20220102007

日光連山
20220102008

右が男体山・中央が白根山・左が錫ヶ岳
20220102009

右が皇海山・左が袈裟丸山
20220102010

 そしてスカイツリー

20220102020

 これで富士山が見えればコンプリート

|

2021.12.31

冬の雨巻山

 冬の雨巻山は魅力的だ。
 木々の葉が落ち、夏に比べ見晴らしが若干利くようになる。

日光連山(12月31日)
20211231002

浅間山(12月29日)
20211229005

富士山(12月30日)
20211230001

スカイツリー(12月29日)
20211229001

 12月31日 大晦日の早朝はうっすらと雪(霰)が積もっていた。

20211231004

20211231005

 駐車場脇ではロウバイが咲き出している。

20211230002

|

2021.12.04

冬山シーズン開幕 那須茶臼岳へ

 登山装備を冬山用に入れ換えて、さっそく那須連山主峰茶臼岳へ。
 ロープウェイ駅より上にある峠の茶屋駐車場へは12月12日まで通行可。
 道路は、日陰で一部凍結しておりスタッドレスは必須。

 車を峠の茶屋駐車場へ駐め、登山開始。
 駐車場ではトイレの新設工事がすすめられていた。

登山口
20211204001

 登山口から少し昇ると、目の前に鋭峻な朝日岳が姿を現す。

20211204002

 稜線上の峰の茶屋跡避難小屋まで、右手に朝日岳、左手に茶臼岳を見ながらの登りとなる。

茶臼岳
20211204003

 峰の茶屋跡避難小屋へ続く登山道は、風の通り道となっており、強風が体温を奪っていく。

202112044

20211204005

 避難小屋で一服し、茶臼岳山頂を目指す。

20211204006

 振り返れば避難小屋の赤い屋根の向こうに、朝日岳や剣が峰、隠居倉などが一望できる。

20211204007

 さらには、雪をかぶった三倉、大倉、流石山などの県境の山々も見える。

20211204008

 茶臼岳は山頂が近づくにつれ活火山特有の荒々しい雰囲気になる。

20211204009

20211204010

山頂
20211204011

 眼下には活火山の証である噴気孔から激しい蒸気が噴出している。
 その奥には、大佐飛山や男鹿岳が

20211204012

 山頂部の厳しさを物語るエビの尻尾・・・

20211204013

 アイゼンこそ装着しなかったが、冬山の厳しさを思い出すことができた。

|

より以前の記事一覧