トレッキング・登山

2022.07.31

出羽三山詣 -月山 湯殿山-

 出羽三山信仰では、死後の世界を表す月山(1,984㍍)を訪れた。
 月山に咲く高山植物を愛でながら、山頂にある月山神社を参拝する。

 月山スキー場のリフト乗り場の駐車場(姥ヶ岳駐車場)に車を駐めスタート。
 ちょうどこの日は、月山夏スキーの最終日ということもあってか、混雑していた。

20220731001

 ペアリフト乗り場(リフト下駅)へ

20220731002

 リフトに乗って

 青空の下、姥ヶ岳が見える。

20220731003

 まずは、リフト上駅へ

20220731005

 月山の遙拝所がある。

20220731004

リフト上駅からの姥ヶ岳

20220731006

 まずは姥ヶ岳山頂を目指す。

 歩きだしてすぐに高山植物のお出迎え。

コバイケイソウ
20220731007

 月山を見上げると、空模様が怪しい・・・
 山頂に雲がかかりだしている。風も強そうだ。
 天気が下り坂であることを示す笠雲だろうか。

20220731008 

 姥ヶ岳の山頂直下には、雪田が残り、雪融けした周囲には高山植物が咲いている。

ヒナザクラ
20220731010

ニッコウキスゲ
20220731013

キンコウカ
20220731014

一面のキンコウカ
20220731015

 キンコウカの群落の地面をよく見ると、ミヤマリンドウがあちこちに咲いている。

ミヤマリンドウ
2022073101820220731017 20220731019

 姥ヶ岳山頂直下の雪田

20220731011_20220806113301

姥ヶ岳の山頂
20220731020

 残念ながら、姥ヶ岳山頂も雲に包まれた。
 月山を仰げば・・・雲に飲み込まれている。

20220731012

 姥ヶ岳の山頂からは、牛首を経て、月山山頂へ。
 天気がどんどん悪くなる・・・

タテヤマウツボグサ
20220731022   

チングルマの綿毛
20220731024

ウメバチソウ
20220731025

ミヤマウスユキソウ
2022073102620220731040

ハクサンイチゲ
20220731027

これは?シオガマの仲間だろう。
20220731028

ナンブタカネアザミ
20220731029

 牛首周辺に巨大な雪田が残り、多くのボーダーが楽しんでいる。

20220731030

 イワカガミ
20220731031

アオノツガザクラ
20220731032

チングルマ
20220731033

ミツガシワ
20220731034

コバイケイソウ
20220731035 20220731036

ツガザクラ
20220731037

ウサギギク
20220731038

ハクサンフウロ
20220731041

ジュウモンジソウ
20220731042

 鍛冶小屋手前にある「延命地蔵」

20220731043

鍛冶小屋跡
20220731044

 山頂へ続く尾根にでるとハクサンシャジンなども咲いている。

ハクサンシャジン
20220731045

ハクサンイチゲ
20220731046

ハクサンフウロ
20220731047

 頂上直下の避難小屋

20220731049

 月山神社

20220731048

 神社境内は写真撮影が禁止となっている。
 異空間・・・

 お祓い・祈祷をしていただいた。

 復路は牛首から直接リフト上駅へ

20220731050 20220731051 20220731052

ミツバノバイカオウレン
20220731053

20220731054

ヒナザクラの群生
20220731055

 リフト上駅へ

20220731057

 月山から下山し、すぐに湯殿山へ向かう。
 湯殿山は境内は撮影禁止。
 月山神社にもまして神秘性ただよう異空間だった。

20220731058 20220731059

|

2022.07.03

花の平標山

 登山口駐車場へ前夜泊、自分勝手に楽しむためには早起きが鉄則と、午前4時半頃には行動開始!

20220703001

 登山口から、まずは鉄塔立つ4合目を目指して、樹林帯を急登、一気に標高を稼ぐ。
 危険な箇所はないが、急登に汗が噴き出す。

20220703002

 4合目、鉄塔が建つ場所が小休止の第一ポイント
 苗場スキー場が一望できる。

20220703003

 4合目を過ぎる頃から、おなじみの高山植物たちが顔を出す。

ツクバネソウ
20220703004

ユキザサ
20220703005

ツマトリソウ
20220703006

シャクナゲ(アズマシャクナゲ or ハクサンシャクナゲ)
20220703007

 6合目 松手山(標高1613.8メートル)へ到着。山頂は眺望に優れ、特に苗場山の独特の山容が目を惹く。
 三等三角点も置かれている。

20220703008 20220703009

 松手山から平標山へは、気持ちの良い稜線歩きとなる。

松手山山頂の後ろに苗場山
20220703011

 7合目付近、平標山へ向かう稜線上にトレイルは続く。

20220703012

 高山植物の花々が出迎えてくれる。

オオバギボウシ
20220703013

オノエラン
20220703015 20220703016

ハクサンチドリ
20220703017 20220703018

ハクサンフウロ
20220703019

 花々を愛でながらの稜線歩き。
 目指す平標山の頂はまだ遠い。

20220703020

 稜線上にコバイケイソウが咲いていた。

20220703021

 歩いてきたトレイルを振り返ると、苗場山方面に怪しい雲が・・・

20220703022

 この高山植物の名前は何だろう?
 なんとなくイチヤクソウにも似ているが・・・

20220703023

 やっとのことで平標山の山頂直下へ
 目の前の頂が平標山の山頂だあ!

20220703024

平標山の山頂
20220703025

 山頂で休憩していると、苗場山方面から雷鳴が聞こえだした。
 仙ノ倉へ行くのをやめて、山ノ家方面へ下山することにした。

仙ノ倉山
20220703026

 平標山から平標山ノ家までの間も、可憐な花々との出会いを楽しめる。

イワカガミ
20220703029

タテヤマリンドウ
20220703028

 山ノ家へ向けて急な階段を慎重に下る。苗場山方面の雷鳴は徐々に大きくなる。
 それにしても、この山は階段が多くて疲れる。

20220703035

タニウツギ
20220703031

トキソウ
20220703032

ワタスゲ
20220703033

ゴゼンタチバナ
20220703034

 平標山ノ家へ到着と同時に、大粒の雨が降り出した。
 ザックにレインカバーをかけ、急いで下山する。

20220703036

 山ノ家からは、大粒の雨に打たれ、頭上には雷鳴響く中の下山となった。

 ハクサンイチゲやハクサンコザクラが盛りの頃と違った山歩きが楽しめた。

 

|

2022.06.04

中禅寺湖北岸から高山へ

 中禅寺湖を一周する目的で、朝の7時に立木観音駐車場を訪れると既に満車。中禅寺湖のビッグトラウトを狙う釣り人たちが主に利用しているようだ。そこで、菖蒲が浜スキー場跡地駐車場へ。
 菖蒲が浜スキー場跡地から、赤岩、栃窪、熊窪、千手ヶ浜へと中禅寺湖畔のトレイルを進み、途中、仙人庵でクリンソウの群落を楽しみながら、中禅寺湖畔の南岸へと向かう。
 千手堂まで来ると、何と、南岸線は工事中のため通行止めとなっており、それ以上進むことができない。急遽予定を変更して、熊窪までもどり、そこから高山を目指すこととした。

赤岩から中禅寺湖の眺め
20220604001

トレイルから立木ごしの中禅寺湖
20220604005

ヤマツツジが見られた
20220604004

中禅寺湖畔北岸のお気に入りスポット 栃窪
20220604003

栃窪には巨大なトチノキの聖域
20220604002

千手ヶ浜から男体山
20220604006

 千手ヶ浜からさらに進み、クリンソウ群落のある仙人庵へ

仙人庵のクリンソウ
20220604007
20220604008
20220604012

 清流に映る新緑の緑

20220604011

20220604009

 こんな花も咲いている。

20220604010

 仙人庵から更に奥へ。

千手堂
20220604013

 千手堂から先は通行止めなので、ここから湖畔を歩いて引き返す。

20220604014

 熊窪まで戻り、高山へ向かう。
 いつもとは逆のルートになるが、熊窪から高山へ登るのは、結構キツい!

20220604015

 高山の山頂で、今まで全く気付かなかったが、国土地理院の一般的な三角点の他に、「御料局三角點」を発見した。
 この御料局三角點は、明治時代に旧宮内省が設置したもので、御料地であった奥日光の山々には数カ所設置されているようだ。

御料局三角點
20220604016

一般的な三角点
20220604017

 高山からは、竜頭ノ滝を経て駐車場へ

20220604019

 ズミの花が咲いていた。

20220604018

 

|

2022.05.21

日本百低山 鋸山へ

 日本百低山(小林泰彦選)の千葉県房総半島の名山、鋸山(標高299.1メートル)を訪れた。
 鋸山は、その名のとおり、ノコギリ状のギザギザした山容が特徴で、途中には、古代遺跡を思わせる石切場跡や、千五百羅漢像や高さ31メートルの大仏をようする日本寺などがあり、見所満載の低山である。

 国道127号沿いにある「金谷海辺公園」駐車場(無料)へ車を駐める。

金谷海辺公園駐車場(無料:15台程度)
20220521001

 駐車場目の前の信号を渡り、JR浜金谷駅でトイレを借りる。
 
JR浜金谷駅前
20220521002

 鋸山目指して歩を進めるが、迷わない程度に道標があり、導いてくれる。

 山麓には、500円の有料駐車場が複数あり。

20220521003

 「観月台道」と「車力道」との分岐(分岐A)が登山口となるが、登山口へ向かう途中、JR内房線の線路下を抜ける。

JR内房線の線路下を抜ける

20220521004

 この線路下で、リス(ニホンリス?)の出迎えを受けた。

ニホンリス?
20220521005

 登山口となる「分岐A」へ到着。
 観月台道と車力道の分岐となるが、今回は左側の車力道を進む。
 右が私道?、中央が観月台道(階段の道)、左が車力道となる。

登山口(分岐A)
20220521006

 緩やかな勾配の鋪装道を登っていくと、正面に鋸山が見え隠れする。

20220521007

 さらに進むと、高速道路の下へ出る。
 ここは「分岐B」となっており、高速道路の下をくぐらずに、左側を進む。

分岐B
20220521008

 分岐Bから少し進むと,歴史を感じる古道(車力道)となる。
 本格的な車力道への入口である。

20220521009

車力道の説明・・・なるほど!
20220521010

車力道・・・
20220521011 20220521012 20220521013 20220521014

 さらに「車力」についての説明が・・・なるほど!

20220521015 20220521016

 車力道を登って行くと、石切場跡が見えてくるが、まずは鋸山山頂と展望台を目指す。
 鋸山山頂並びに展望台方面と石切場跡の分岐が「分岐E」となる。

 分岐Eから急登すると分岐Fへ出る。
 この分岐Fが山頂と展望台の分岐となる。
 まずは山頂を目指す。

分岐F
20220521018

山頂への尾根道
20220521019

 山頂手前のピークにはヤマツツジが咲いていた。

山頂直下のヤマツツジ
20220521021

 金谷公園駐車場から、およそ1時間で鋸山山頂へ到着!
 一等三角点がある。海も見える。

鋸山山頂
20220521020

 山頂から引き返し、分岐Fへ戻る。
 ここから「東京湾を望む展望台」へ。東京湾を望む展望台は、その名のとおり、東京湾が一望できる。
 ベンチがいくつもおかれ、小休止にはもってこいの場所がゆえに、多くの人で賑わっていた。

20220521023

 賑やかな展望台を後にして、分岐Eへ戻り、石切場跡地へ。

分岐E
20220521024

 石切場跡地は、まるでいにしえの古代遺跡のようにも見える。
 天空の城ラピュタにたとえる人も多い。とにかく異空間だ。

「観音洞窟」
20220521025

 

20220521028

 石を切り出した跡をよく見ていると、当時の石切職人の遊び心が・・・
 今様に言うと「落書き」だろうか。

20220521027 20220521026

 岩壁の間をさらに進む。
 「分岐D」から「岩舞台」を目指す。

20220521029

石切場跡地「岩舞台」
20220521031 20220521033 20220521032

 「岩舞台」から「分岐D」にもどり、次の目的池である「日本寺」を目指す。

 石切場跡地から日本寺への道も、苔むした岩の古道となる。

20220521034 20220521035

 石切場跡地から日本寺への入口となる「日本寺北口管理所」へ出る。
 拝観料700円を納め、境内へ。

北口管理所・・・関所のようだ
20220521036

 ゲートを入ってすぐに「百尺観音」が出迎えてくれる。

百尺観音
20220521037

 百尺観音からさらに階段を急登すると、有名な「地獄のぞき」

地獄のぞき
20220521038

 地獄のぞき周辺からの眺望も素晴らしく、東京湾が一望できる。

20220521039

 日本寺境内を散策する。
 散策といっても、急な階段の上り下りの連続で、とにかく疲れる。

千五百羅漢 一体ごとのお顔がユニーク
20220521040

大仏 
20220521041

 この大仏は、高さが31メートルあり、日本一の大仏さまとパンフレットには書かれていた。
 確かに、奈良や鎌倉の大仏様よりはおおきいだろうが、牛久大仏は120メートルあるのだが・・・
 まぁ、牛久大仏は立像であり、こちらは坐像ということにしておこう。

 せっかくなので、下山には鋸山ロープウェイを利用してみた。

20220521042

 下山後、名物?アジフライを食べようと、「孤独のグルメ」でイノガシラさんが訪れた店を訪れたのだが、2時間待ちと言われて断念。

20220521043

 金谷公園横にあるお店にも向かってみたものの・・・残念

20220521044

 東京湾には、空母が

20220521045

 あじフライが食べられなかったのが心残りな、鋸山登山だった。

|

2022.05.08

難台山 ~難台林道から難台山城趾を経て山頂へ~

 難台山は、道祖神峠や愛宕山経由で幾度となく登ったが、駒場地区から難台林道を経て山頂へ登るのは今回が初めてのこと。
 途中にある「小田五郎の碑」や南北朝時代の遺構「難台山城趾」を訪れながらの山歩きとなった。

駒場地区にある「滝入不動尊」に車を駐める。
20220508001

 駒場地区は、難台山の山麓の静かな山里。
 手入れされた梅林が点在し、枝には梅の実が実っている。

20220508002

 竹林からは筍が・・・

20220508003

 難台林道へ
20220508004

 始めはしっかりした鋪装道路を進む。

20220508006

 ホウチャクソウが目にとまった。

ホウチャクソウ
20220508005

 しばらく進むと、鋪装道路からはずれて、左手側、未舗装の林道へ導かれる。
 道標は朽ちて、地面に置かれているので、分かりづらい。

20220508007

 未舗装の林道をしばらく進む。

20220508009

 ニリンソウやウラシマソウが目に付いた。

ニリンソウ
20220508008

ウラシマソウ
20220508010

 しばらく進み、今度は右手側の登山道へ

20220508011

 滑りやすい急斜面を登ると、広い林道に出る。

20220508012

 右手へ進むと「小田五郎の碑」
 左手へ進むと「難台山城趾」「山頂」
 まずは、小田五郎の碑を訪れてみる。

20220508014 20220508013

 林道に戻り、次の目的池である「難台山城趾」を目指す。

20220508015

 難台山城趾の案内板があり、城趾を登ってみるが、私には城らしい遺構を見つけることが出来なかった。

 ただ、一帯はヤマツツジが群生していた。

20220508016

20220508017

 さらに登ると、歩き慣れた愛宕山からの縦走路へ出る。
 山頂はすぐそこ。

20220508018

 難題山の山頂へ

20220508019

 難題山の山頂付近は、ヤマツツジが見頃~終盤を迎えている。

20220508020

 頭上では眩しいくらいの新緑が・・・

20220508021

 難題山山頂から縦走路を団子石峠へ

 団子石峠から鋪装路を一気に駒場まで下りていく。

 団子石峠からの路と、難台林道の分岐に濃い紫色をしたキランソウを発見

20220508022

 滝入不動尊から山頂まで1時間半ほど。
 山頂から団子石峠経由で下山に1時間半ほど。
 あわせて3時間程の山歩きとなった。

|

2022.04.17

篭岩から明山へ(県北ロングトレイル)

 新緑の美しい季節・・・お気に入りの篭岩から明山へのトレイルを歩いてきた。

籠山展望台近くの駐車場
20220417001

 篭岩展望台近くの小さな駐車場に車を駐め、まずは篭岩へ。
 篭岩とは、大小無数の穴があいた岩壁で、間近に鉄製で朱色の展望台がある。

篭岩展望台からの眺望
20220417002
20220417003

 篭岩展望台横にある東屋の裏手から、まずは篭岩山(501.4)を目指す。
 途中、ほぼ垂直に切れ落ちた谷を、ロープや木の根を頼りに、上り下りする。

篭岩山へのトレイル
20220417004

 チゴユリが咲いていた。

20220417005

篭岩山
20220417006

 篭岩山から戻って、明山(457.4メートル)を目指す。
 ほぼ尾根伝いのトレイルは、新緑が美しい。

20220417008

20220417009

 桜もまだ楽しむことができた。

20220417007
20220417011

 ヒトリシヅカがヒッソリと咲いている。

20220417010

 途中、両サイドが切れ落ちた枝尾根があるが、絶好の展望地となっている。

20220417014

武生山(458.9メートル)方面
20220417012

目指す明山方面
20220417013

 トレイルの所々に、レンゲツツジとミツバツツジが咲いている。

レンゲツツジ
20220417015

ミツバツツジ
20220417025

 キンモンソウの仲間も・・・

ツクバネキンモンソウ
20220417016

キランソウかなぁ?
20220417027

 ハルリンドウも結構さいていました。

ハルリンドウ
20220417017

 明山に近くなると、「三葉峠」にさしかかる。
 ここは、竜神ダム方面の亀ヶ淵への分岐となる。

三葉峠
20220417018

 三葉峠を過ぎたあたりから、シュンランやイワウチワが目についた。

シュンラン
20220417020

イワウチワ
20220417024

 明山へは、山頂直下の急登を、ロープや木の根を頼りによじ登っていく。

明山の山頂
20220417021

 明山からは、竜神峡の大吊り橋がよく見える。
 まだ鯉のぼりは泳いでいなかった。

20220417022

 山頂直下には桜も多い。

20220417019

20220417023

 明山からは、上山へ降り、鋪装された生活道路を駐車場まで戻る。

 途中、白いスミレや白い蒲公英に遭遇した。

20220417026

20220417029

 何度訪れても、この地域の低山は素晴らしい!

 

|

2022.04.03

早春の花咲く角田山・弥彦山・国上山<パート2:弥彦山と国上山>

 角田山からお隣の弥彦山、そして国上山へと転戦・・・

 山麓の弥彦神社を参拝し、神社境内の奥にある登山口から山頂へ。
 山頂ではキクザキイチゲが咲いていた。

弥彦神社
20220402040

 「万葉の道」を進むと登山口がある。

20220402041

 山頂で目立ったキクザキイチゲ

20220402037 20220402038

 山頂の奥の宮

20220402039

 山頂からの越後平野の眺望

20220402042

 弥彦山に続いて国上山へ
 国上寺にある登山口から山頂を目指す。

20220402046

20220402045

 この山も、角田山ほどではないものの、様々な早春の花が咲いていた。

コシノカンアオイ
20220402043

キクバオウレン
20220402044

カタクリの群生
 カタクリは角田山より群生していた

20220402047

コシノコバイモ・・・初めての出会い
20220402048

ミヤマカタバミ
20220402049

 そしてキクザキイチゲ

20220402049 20220402050

ウスバサイシン
20220402051

 来年も、岩室温泉に宿をとり、角田山、弥彦山、国上山の三山を歩き回ろう!!

|

早春の花咲く角田山・弥彦山・国上山

 新潟の角田山(かくだやま)を、早春の雪割草(オオミスミソウ)を求めて訪れた。
 今年で3年連続の訪問となるが、訪れる度に違った表情を見せてくれる。

 早朝4時30分に出発・・・9時過ぎに角田浜(海水浴場)駐車場へ到着!!

20220402001

 駐車場から国道に上がり、非公式コースの桜尾根コースを登っていく。
 このコースは私有地を登っていくが、雪割草を楽しむには適したコースとなっている。

20220402002

 登初めて、後ろを振り返れば、佐渡島に雪をかぶった金北山

20220402003

 登初めてすぐに雪割草(オオミスミソウ)が群生している。
 急登だが、写真を撮りながらなので、疲れることがない。

20220402004

20220402005 20220402007 20220402009

 桜尾根コースは、山頂手前で灯台コースと合流するが、雪割草だけでなく、いろいろな早春の花々が楽しめる。

エンレイソウ
20220402011

シュンラン
20220402012

ショウジョウバカマ
20220402013

 標高481.7メートルの山頂は広く、多くの登山者で賑わっている。

20220402014

 下山路は、灯台コースを進む。
 このコースは、特にカタクリの群生が見事だった。

20220402015 20220402016 20220402018

 なんと言っても,一番うれしかったのが、この白花カタクリ・・・
 超レアな出会い!!

20220402017

 きれいな雪割草が結構咲いている。

20220402019 20220402020 20220402021 20220402022 20220402023 20220402025 20220402027 20220402029 20220402030

 カタクリや雪割草が咲く林を抜けると、一気に目の前に日本海が出現する。

20220402032

 後ろを振り返れば,歩いて来たトレイルがはっきり見える。

20220402033

 角田岬と灯台・・・そして角田浜

20220402034 20220402035

 日本海から登初め、山頂を極め、また日本海へ向け下山する。

 昨年も書いたが、まさに「シートゥーサミット」だ。

20220402036

 

|

2022.03.27

みかも山再訪 カタクリとシュンランの山

 カタクリとシュンランの花を愛でるためにみかも山を再訪した。
 前回同様、西口広場に車を駐め、まずは青竜ヶ岳山頂を目指す。
 山頂からは、富士山は見えなかったものの、浅間山や赤城、前日光、日光白根などの山々を望むことができた。

登り出すとシュンランが群生している。
20220327001

スミレが咲き出していた。
20220327002

20220327003

レンゲツツジも咲き出している。
20220327006

青竜ヶ岳山頂より浅間山
20220327005

日光白根山と錫ヶ岳
20220327014

 栃木百名山も残り2座となってから久しいが、残っている一座が錫ヶ岳だ。

 青竜ヶ岳山頂を越え、万葉自然公園かたくりの里へ。
 カタクリが咲き乱れている。

カタクリの花
20220327007

20220327008

20220327009

20220327010

20220327011

20220327012

アズマイチゲも咲いている。
20220327013

 東京では桜が満開というニュースもあるが、こちらはこれから・・・

20220327015

20220327016

 この時期のみかも山はなかなか魅力的である。

|

2022.03.20

みかも山とかたくりの花

 かたくりの花との出会いを求めて、栃木県佐野市の万葉自然公園かたくりの里を訪れた。

20220320011

 みかも山公園西口広場駐車場へ車を駐め、みかもハーブ園を抜けてすぐ、階段状の登山道へ入り、青竜ヶ岳を目指す。
 青竜ヶ岳はみかも山の北側のピークで標高229メートルの低山ながら、山頂からは富士山や浅間山、日光連山などが望める好展望地。
 この青竜ヶ岳の北斜面にカタクリの群生地が拡がっている。

 青竜ヶ岳への登山道を登り始めてすぐに、シュンラン(春蘭)のお出迎え。
 あちこちで春蘭が咲いている。

20220320001

20220320016

 青竜ヶ岳山頂からは、富士山、浅間山、赤城山、妙義山、袈裟丸山、皇海山、日光白根山、そして日光連山などの眺望が得られる。

富士山
20220320002

浅間山
20220320014

皇海山
20220320015

 青竜ヶ岳から北側斜面を下ると、かたくりの群生地へ出るが、上部の登山道には鉄柵が設けられている。
 かたくり群生地の保護のためらしいが、一度山を下りてまわりこまないと群生地へ入ることができなくなった。

20220320003

 かたくりの花・・・・・午前10時頃なので、まだ十分に花が開いていない。蕾みも目立つ。
 十分に反り返った花を見るには、やはり、午後からがいいのだろう。
 それでも美しいかたくりの花々を愛でることができた。

20220320005

20220320006

20220320007

20220320008

20220320009

20220320010

20220320012

20220320013

 帰りに、みかもハーブ園の東側に昨年夏出来た古民家カフェ「プレジール」へ立ち寄った。
 ランチ、ドリンク、そして自家製酵母のパンと、一服するのにちょうど良い。

20220320019

20220320017

20220320018

 青竜ヶ岳は229メートルの低山ながら、登山道は急な斜面が多く、いいトレーニングになる。

|

より以前の記事一覧