日光とその周辺

2024.06.09

クリンソウ満開の千手ヶ浜へ

 あいにくの曇天ではあるが、見頃を迎えたクリンソウの咲く中禅寺湖千手ヶ浜を訪れた。

千手ヶ浜からの男体山
20240609001

 お目当てのクリンソウ

20240609004 20240609005 20240609006 20240609007 20240609009 20240609010 20240609011 20240609012 20240609013

 クリンソウ以外にも・・・

ギンリュウソウ
20240609014

レンゲツツジ
20240609008

ギンラン
20240609015

 陽が差すと大合唱を奏でるエゾハルゼミ

20240609016

 樹上からはアオダイショウがお出迎え

20240609003

|

2024.05.12

奥日光~芽吹き~

 奥日光では、待ちに待った芽吹きの時期を迎えている。
 赤沼駐車場から小田代ヶ原、泉門池(いずみやどいけ)を経て湯滝・湯ノ湖へ。
 帰路に戦場ヶ原を抜けて赤沼へ戻る周回コースを歩いた。

小田代ヶ原からの男体山
20240512007

 赤沼から小田代ヶ原へ向かうトレイル沿いでは、ヒメイチゲとタチツボスミレ、リンドウが出迎えてくれる。

ヒメイチゲ
20240512001

リンドウ
20240512012

タチツボスミレ
20240512008

 ヒメイチゲの珍しい八重咲きの花を発見!(傷んでいるが・・・)

20240512002

 小田代ヶ原は、カラマツの新緑が映えている。

20240512003

カラマツの新芽
20240512004

小田代ヶ原
20240512005

小田代ヶ原の芽吹き
20240512006

カラマツの美林
20240512009

 木々の名は知らねど、新芽はそれだけで美しい。

20240512010

20240512023

キジムシロ(ミツバツチグリ??)も見られた。
20240512011

 戦場ヶ原の中にある湧水池の泉門池へ
 背景には男体山がそびえている。
 イズミカドイケではなく、イズミヤドイケと呼ぶ。

20240512013

透明な湧水池
20240512014

 泉門池から小滝を経て湯滝を目指す。
 この周辺ではミヤマカタバミが目立っていた。

ミヤマカタバミ
20240512017

マイズルソウ
20240512015

小滝
20240512016

湯滝:湯ノ湖から直接水が流れ落ちる
20240512018

20240512022

 湯滝の滝上の湯ノ湖まで足を延ばす。

湯ノ湖
20240512021

湯ノ湖から豪快に水が流れ落ちている。

20240512020

この花の名は?
20240512019_20240513082301

 帰路、戦場ヶ原で見つけたもの

何種類はわからないが、カエルの卵だろうか?

20240512024

キビタキでしょうか?

20240512025

クロミノウグイスカグラでしょうか?
20240512027

 今回、赤沼を訪れて一番驚いたのは・・・有料駐車場になっていたこと。
 一回500円でした。ビックリ!

20240512028

 

|

2024.05.05

春の奥日光・中禅寺湖畔ウォーク

 春と言ってもやっと芽吹きが始まった中禅寺湖畔を訪れた。
 下界では30度を超す暑さのなか、過ごしやすい気持ちの良い時間を過ごすことができた。

20240505060

 菖蒲が浜スキー場の跡地へ車を停め、中禅寺湖畔を千手ヶ浜まで往復するおよそ3時間半の湖畔ウォーク
 湖畔の木々はやっと芽吹きが始まり、足もとには清楚な早春の花々が咲き出している。

 まずはウスバサイシン・・・独特の葉の形状でよく目立つ。根元を見ると独特の花?

 2024050500120240505002

 湖畔のトレイルを歩く

20240505003

 今年は極端に中禅寺湖の水が少ないようだ。

20240505004

 ヤシオツツジは残念ながらすでに花期を終えていた。
 トウゴクミツバツツジはまだまだこれから。

20240505013

20240505005

 中禅寺湖畔で一番のお気に入りの場所、それが「栃窪」
 トチノキの巨木&白砂の浜が続く

20240505006 20240505007 20240505008

 今日は桜(オオヤマザクラ)が絶妙なアクセント
 桜の下の浜辺に寝そべって一日ボォーとすごしたい。

20240505052 20240505051 20240505011

 陽当たりの良い湖畔では、ヤマカガシが日光浴

20240505014

 熊窪も気持ちの良い浜辺で、やはり桜がアクセントになっている。

20240505016

 熊窪と千手ヶ浜の間には、新緑が眩しい場所も

20240505017

 千手ヶ浜に人影はなく、ゆっくりと過ごすことができた。  
 周囲の唐松の新緑が輝いている

20240505018

沢沿いの桜
20240505053
20240505054

男体山と桜

20240505022

 千手ヶ浜に群生しているフッキソウが開花している

20240505023

ヤマエンゴサクも群生しているぞ

20240505024 

ハクサンコザクラ? そんなはずはないが・・・

20240505025

中禅寺湖 & 男体山 & 桜

20240505026 202405050282024050505820240505057

 帰り道、リンドウを見つけた。

20240505031

 帰路、駐車場からの一枚
 まもなく新緑&トウゴクミツバツツジが咲き出す季節へ

20240505061

|

2023.11.06

落葉の中禅寺湖畔へ

 奥日光の紅葉はほぼ終わっているだろうと覚悟を決めながら、中禅寺湖畔の歌が浜へ。
 予想していたとおりに、中禅寺湖畔の紅葉は落葉を迎え、曇天もあいまって、ものがなしい雰囲気しきりとなっていた。
 そんな中、歌が浜に車を停め、湖畔沿いのトレイルを、社山の登山口ともなっている「阿世潟(あぜがた)」を目指す。

20231106001

 普段は素通りする「英国大使館別荘記念公園」&「イタリア大使館別荘記念公園」の敷地内を散策する。

英国大使館別荘記念講演
20231106002

20231106003

イタリア大使館別荘記念公園

20231106004

 湖畔沿いを進むと、鹿に角研ぎされ無残な傷跡が生々しい巨木を発見

20231106005

 それにしても寂しすぎる・・・

20231106006

 歌が浜から1時間程で阿世潟へ到着。
 阿世潟は湖畔の静かな砂浜で、訪れる人は社山への登山者ぐらい。
 中禅寺湖ごしに雄大な男体山の姿を望むことができる。

20231106007

20231106008

 阿世潟で小休止ののち、天気も心配なため、ここで引き返す。

 帰路、残り少ない、まだ紅葉が残っている木々を撮影した。

20231106009

20231106010

 今、日光の紅葉はいろは坂を降り、日光市内へと移っている。

|

2023.10.22

奥日光の紅葉 2023

 久しぶり(数年ぶり)に紅葉の奥日光を訪れたが、タイミングも良く、改めて奥日光の紅葉の素晴らしさを実感できた。
 これまた久しぶりに赤沼駐車場に前夜車中泊し、5:30発の「わたすげ号」で千手ヶ浜へ。ちなみに低公害バスの運賃がいつの間にか500円になっていました。笑

20231022001

 6:00 千手ヶ浜バス停へ到着。
 トイレをすませ、千手ヶ浜へ向かう。

千手ヶ浜バス停
20231022002

 千手ヶ浜では既に朝陽が昇っており、湖畔の木々が朝日に照らされて燃えている。

20231022003
20231022004

 冠石(かんむりいし)方面の木々は、まさにモルゲンロート!!

20231022005

 いつものように千手ヶ浜の奥へ向かってみる。

20231022006

 朝陽に輝く紅葉した木々・・・背景には中禅寺湖と男体山 最高の景色!

20231022007
20231022009

 湖畔の山の神のところで、「仙人庵」の伊藤さんと・・・・・・
 「今年の紅葉は2週間ほどおくれていたが、このところの寒さで一気に色づいた。是非、千手堂まで足を伸ばしてもらいたい。」とのこと。
 その言葉に素直にしたがい、「千手堂」までいくことにした。

 とにかく、湖畔の木々の紅葉が朝陽をあびて金色に輝いている。

20231022010

 頭上にはコゲラ? アカゲラ?

20231022011

 中禅寺湖畔を進む。

20231022012

 「仙人庵」を過ぎると、「不動堂」へ

20231022013

 さらに奥へ進む。

20231022014

20231022015

20231022017

20231022016

 昔の千手ヶ浜キャンプ場跡周辺の紅葉が素晴らしい!
 今から何年前(何十年前)だろうか・・・ここにキャンプ場があり、ここでよくキャンプを楽しんだものだ。

20231022019 20231022018

 キャンプ場跡から千手堂へ。
 お詣りをして、今来た道を引き返す。

20231022022
20231022023
20231022021
20231022020

  千手ヶ浜から小田代ヶ原へ向かう。
 途中の沢では、ブラウントラウトがペアリング中

20231022024

 小田代ヶ原周辺の広葉樹はすでに落葉しているものの、カラマツの金屏風が見事である。

20231022026
20231022027
20231022028

 奥の山の頂には雪?(どうも霧氷らしい)

20231022029

 赤沼駐車場へ戻るが、当然、「満車」である。

20231022030

 

 

|

2023.08.27

奥日光-湯滝逍遥-

 異常気象級の猛暑が続く夏・・・しばし涼を求めて奥日光へ
 最近訪れることのなかった、湯滝・湯ノ湖方面へ足を伸ばすことにした。
 車を湯滝直下の駐車場(有料500円)へ停め、歩き始める。

湯滝
20230827001

20230827002

 湯滝が湯川に流れを変える所に、カリガネソウが一株咲いていた。

カリガネソウ
20230827003

 湯滝直下から湯川沿いに戦場ヶ原まで足を伸ばす。

湯川の流れ
20230827004

 戦場ヶ原は、なんとなく夏から秋へ変わり初めているようだ。

20230827005

 戦場ヶ原から湯滝方面へ戻る。
 途中、小滝で釣りを楽しむ3人組をしばし観察

小滝
20230827006

 湯滝へ戻り、さらに滝上の湯ノ湖へ
 20代・30代と、ロッドを片手に、休みの度に湯ノ湖へ通った日々を懐かしむ。

20230827008

 空模様がどんどん怪しくなり、車に戻った途端に猛烈な雨に・・・

|

2023.07.16

夏の奥日光逍遥 ~竜頭ノ滝・小田代ヶ原~

 酷暑を避けて奥日光へ
 いつものとおり、竜頭ノ滝臨時駐車場へ車を停め、竜頭ノ滝から湯川沿いに北上し、久しぶりに小田代ヶ原を巡ってきた。

竜頭ノ滝臨時駐車場
(立木観音や赤沼の駐車場が満車でも、ここが満車になることはない!)
20230716001

 竜頭ノ滝まで少し歩くが、その僅かな間も雰囲気が素晴らしい。

20230716002

 路傍にバイケイソウが咲いている。

バイケイソウ
20230716003

 水しぶきを上げ涼しげな竜頭ノ滝

20230716004

20230716005

 湯川沿いに戦場ヶ原方面へ北上する。

20230716009

 湯川沿いには、いろいろな花が咲いている。

ホタルブクロ
20230716006

オニユリ
20230716007

何でしたっけ?
20230716008

再びのバイケイソウ
20230716011

 湯川沿いのトレイルを離れ、小田代ヶ原へ向かう。
 森の中には苔むした倒木が横たわっている。

20230716010

小田代ヶ原
20230716015

 小田代ヶ原周辺も花が咲いている。

ホサキシモツケ
20230716012

オダマキ
20230716013

何でしたっけ?
20230716014

男体山を背景にホサキシモツケの群落
20230716016

ハクサンフウロ
20230716017

 たまに歩くと新たな発見があっておもしろいかなぁ

|

2023.05.28

中禅寺湖畔逍遥・・・菖蒲が浜から千手ヶ浜へ

 竜頭ノ滝南の菖蒲が浜から千手ヶ浜へ、中禅寺湖畔を歩いてきた。
 新緑の中、ヤマツツジとシロヤシオが満開、クリンソウも咲き始めていた。

 菖蒲が浜スキー場跡地の駐車場へ車を停め、日光プリンスホテル(廃業)横から中禅寺湖畔へ。

20230528001

 斜面にはクワガタソウが散見される。

クワガタソウ
20230528002

 湖畔のトレイル沿いには、シロヤシオとヤマツツジが咲き乱れている。

シロヤシオ
20230528004

トレイルに咲くヤマツツジ
20230528005

 中禅寺湖畔で一番のお気に入りスポットが「栃窪」
 樹齢300年以上といわれるトチノキの巨木が林立している。
 コンパクトながら白い砂浜も魅力の一つ。

栃窪
20230528006

20230528009

20230528008

20230528007

20230528011

 ふと足もとを見ると、ギンリュウソウが顔を出している。

ギンリュウソウ
20230528012

 高山への登山道が延びている熊窪手前では、シロヤシオとヤマツツジの共演が・・・

20230528013

20230528014

20230528015

 熊窪へ続くヤマツツジのトンネル

20230528016

20230528017

 湖畔に咲くヤマツツジ・・・

20230528019

20230528020

 この時期の名物、春ゼミの抜け殻
 陽が差すと、辺り一帯に春ゼミの鳴き声が響き渡る。

20230528021

 千手ヶ浜、そして仙人庵では、クリンソウが咲き始めていた。
 (といっても、まだまだこれから・・・)

クリンソウ
20230528022

20230528023

ニリンソウも
20230528024

サクラソウが見頃
20230528025

これは?
20230528026

 片道4キロ、往復3時間程のトレッキングでした。

 

 

|

2022.06.04

中禅寺湖北岸から高山へ

 中禅寺湖を一周する目的で、朝の7時に立木観音駐車場を訪れると既に満車。中禅寺湖のビッグトラウトを狙う釣り人たちが主に利用しているようだ。そこで、菖蒲が浜スキー場跡地駐車場へ。
 菖蒲が浜スキー場跡地から、赤岩、栃窪、熊窪、千手ヶ浜へと中禅寺湖畔のトレイルを進み、途中、仙人庵でクリンソウの群落を楽しみながら、中禅寺湖畔の南岸へと向かう。
 千手堂まで来ると、何と、南岸線は工事中のため通行止めとなっており、それ以上進むことができない。急遽予定を変更して、熊窪までもどり、そこから高山を目指すこととした。

赤岩から中禅寺湖の眺め
20220604001

トレイルから立木ごしの中禅寺湖
20220604005

ヤマツツジが見られた
20220604004

中禅寺湖畔北岸のお気に入りスポット 栃窪
20220604003

栃窪には巨大なトチノキの聖域
20220604002

千手ヶ浜から男体山
20220604006

 千手ヶ浜からさらに進み、クリンソウ群落のある仙人庵へ

仙人庵のクリンソウ
20220604007
20220604008
20220604012

 清流に映る新緑の緑

20220604011

20220604009

 こんな花も咲いている。

20220604010

 仙人庵から更に奥へ。

千手堂
20220604013

 千手堂から先は通行止めなので、ここから湖畔を歩いて引き返す。

20220604014

 熊窪まで戻り、高山へ向かう。
 いつもとは逆のルートになるが、熊窪から高山へ登るのは、結構キツい!

20220604015

 高山の山頂で、今まで全く気付かなかったが、国土地理院の一般的な三角点の他に、「御料局三角點」を発見した。
 この御料局三角點は、明治時代に旧宮内省が設置したもので、御料地であった奥日光の山々には数カ所設置されているようだ。

御料局三角點
20220604016

一般的な三角点
20220604017

 高山からは、竜頭ノ滝を経て駐車場へ

20220604019

 ズミの花が咲いていた。

20220604018

 

|

2021.11.08

日光 紅葉の二社一寺逍遥

 紅葉が見頃を迎えている日光山内を訪れた。
 輪王寺から東照宮、二荒山神社、大猷院、明治の館、滝尾神社を逍遥した。

起点となる「神橋」
20211108001

輪王寺
20211108003

輪王寺本堂のすぐ東の庭園
20211108004

輪王寺 逍遥園
20211108007 20211108008 20211108009

輪王寺西側、東照宮への参道沿い
20211108010 20211108011 20211108012

 東照宮では、小学生の遠足の波に飲まれてしまった。まことに無念。

 二荒山神社も参拝のみ、すぐに大猷院へ向かう。

大猷院
20211108013 20211108014 

 実に久方ぶりに明治の館を訪れる。

20211108015 20211108016 20211108017

 滝尾神社への石畳参道や神社境内の紅葉はすでに落葉していた。

 20211108018

|

より以前の記事一覧