つぶやき

2022.07.31

出羽三山詣 -月山 湯殿山-

 出羽三山信仰では、死後の世界を表す月山(1,984㍍)を訪れた。
 月山に咲く高山植物を愛でながら、山頂にある月山神社を参拝する。

 月山スキー場のリフト乗り場の駐車場(姥ヶ岳駐車場)に車を駐めスタート。
 ちょうどこの日は、月山夏スキーの最終日ということもあってか、混雑していた。

20220731001

 ペアリフト乗り場(リフト下駅)へ

20220731002

 リフトに乗って

 青空の下、姥ヶ岳が見える。

20220731003

 まずは、リフト上駅へ

20220731005

 月山の遙拝所がある。

20220731004

リフト上駅からの姥ヶ岳

20220731006

 まずは姥ヶ岳山頂を目指す。

 歩きだしてすぐに高山植物のお出迎え。

コバイケイソウ
20220731007

 月山を見上げると、空模様が怪しい・・・
 山頂に雲がかかりだしている。風も強そうだ。
 天気が下り坂であることを示す笠雲だろうか。

20220731008 

 姥ヶ岳の山頂直下には、雪田が残り、雪融けした周囲には高山植物が咲いている。

ヒナザクラ
20220731010

ニッコウキスゲ
20220731013

キンコウカ
20220731014

一面のキンコウカ
20220731015

 キンコウカの群落の地面をよく見ると、ミヤマリンドウがあちこちに咲いている。

ミヤマリンドウ
2022073101820220731017 20220731019

 姥ヶ岳山頂直下の雪田

20220731011_20220806113301

姥ヶ岳の山頂
20220731020

 残念ながら、姥ヶ岳山頂も雲に包まれた。
 月山を仰げば・・・雲に飲み込まれている。

20220731012

 姥ヶ岳の山頂からは、牛首を経て、月山山頂へ。
 天気がどんどん悪くなる・・・

タテヤマウツボグサ
20220731022   

チングルマの綿毛
20220731024

ウメバチソウ
20220731025

ミヤマウスユキソウ
2022073102620220731040

ハクサンイチゲ
20220731027

これは?シオガマの仲間だろう。
20220731028

ナンブタカネアザミ
20220731029

 牛首周辺に巨大な雪田が残り、多くのボーダーが楽しんでいる。

20220731030

 イワカガミ
20220731031

アオノツガザクラ
20220731032

チングルマ
20220731033

ミツガシワ
20220731034

コバイケイソウ
20220731035 20220731036

ツガザクラ
20220731037

ウサギギク
20220731038

ハクサンフウロ
20220731041

ジュウモンジソウ
20220731042

 鍛冶小屋手前にある「延命地蔵」

20220731043

鍛冶小屋跡
20220731044

 山頂へ続く尾根にでるとハクサンシャジンなども咲いている。

ハクサンシャジン
20220731045

ハクサンイチゲ
20220731046

ハクサンフウロ
20220731047

 頂上直下の避難小屋

20220731049

 月山神社

20220731048

 神社境内は写真撮影が禁止となっている。
 異空間・・・

 お祓い・祈祷をしていただいた。

 復路は牛首から直接リフト上駅へ

20220731050 20220731051 20220731052

ミツバノバイカオウレン
20220731053

20220731054

ヒナザクラの群生
20220731055

 リフト上駅へ

20220731057

 月山から下山し、すぐに湯殿山へ向かう。
 湯殿山は境内は撮影禁止。
 月山神社にもまして神秘性ただよう異空間だった。

20220731058 20220731059

|

出羽三山詣-羽黒山-

 出羽三山は、羽黒山(414㍍)・月山(1,984㍍)・湯殿山(1,504㍍)の三山の総称。
 羽黒山が現世、月山が死後、湯殿山が再生を意味し、「生まれ変わり」の山として古来から信仰を集めている。

 まずは現世の幸せを祈願するため、羽黒山へ。

大鳥居
20220801001

 参道入口に立つ大鳥居をくぐり、朱塗りの随神門へ。
 明治以前、神仏混淆時代は仁王門であったとのこと。

随神門
20220801002

 随神門より本殿まで、羽黒山の石段が続く。
 石段は、2,446段、約2キロ、およそ1時間の登りとなる。

 随神門から石段を若干下ると、いくつもの社が祀られている。

20220801003

 社を過ぎると朱塗りの神橋へ

20220801004

 「祓川」を渡り、須賀の滝へ
 古来、いわゆる祓の場で、ここで身を清めて参拝したようだ。

20220801005

 石段を少し進むと、まず圧倒されるような巨木に出会う。
 「爺(じじ)スギ」と呼ばれ国天然記念物となっている。
 樹齢がおよそ千年以上、羽黒山で最大最古の巨木である。

爺スギ
20220801006

 爺スギの奥に建つのが、「国宝 羽黒山五重塔」
 平安時代、平将門公の創建と伝わり、柿葺(こけら)、三間四方、五層素木造で、東北最古の建造物と言われている。

国宝 羽黒山五重塔
20220801007

20220801008

 五重塔を過ぎると、杉並木の中の登りとなる。
 この羽黒山杉並木は。樹齢300年~500年、400本余りの特別天然記念物となっている。

20220801009

20220801010

20220801011

 途中に茶屋が一軒ある。

20220801012

 20220801013

20220801014 

 本殿手前(山頂手前)の石段には、いにしえの人の「落書き?」がある。

山頂鳥居
20220801017

20220801016

20220801015

 山頂鳥居をくぐると、本殿へ出る。

 約1,400年前に、崇峻天皇の御子、蜂子皇子によって開山された羽黒修験道の総本山。
 境内には、重要文化財の本殿「三神合祭殿」、蒙古襲来の平定祈願の奉賽として鎌倉幕府より奉納された「建治の大鐘」など多くの文化財、史跡がある。

三神合祭殿
20220801018

 羽黒山、月山、湯殿山の神々を祭っている。

20220801019

建治の大鐘
20220801020

鏡池
20220801021

 さぁ、次は月山へ

|

2022.06.12

日本橋界隈の社寺 ~日本橋七福神&出世稲荷神社・大観音寺~

 5ヶ月ぶりに、日本橋七福神参拝をおこなった。
 最強パワースポットの呼び声高い「小網神社」から、「茶ノ木神社」、「水天宮」、「松嶋神社」、「末廣神社」、「笠間稲荷神社」、「椙森神社」を順番に参拝。東京駅を起点に、日本橋をちょうどうまく巡るコースとなっている。

 今回は、その七福神に加えて、どうしてこんな場所に?と驚きをかくせない、出世稲荷神社と大観音寺も訪れた。

小網神社からスタート
20220612002

 参拝に行列のできる小網神社だが、社務所のオープンが午前9時からとなっており、その前の時間に参拝すると混雑を避けられる。

 日本橋七福神の結びの一社、椙森神社の参拝をすませ、近くの「出世稲荷神社」へ向かう。
 グーグルマップを頼りに向かうも、???
 ビルとビルの谷間、それも奥の奥に、「えっ こんな所に?」という場所に鎮座している。

20220612006

 ビルの自転車置き場?のような通路(どう見ても私有地)の入口に、出世稲荷を示す石柱が立ち、ここが「参道」入口となる。
 奥に神社らしきものが見える。

20220612007

 ビルの自転車置き場をすり抜けて進むと、何と立派な神社が鎮座している。
 「出世稲荷神社」と「岩代稲荷神社」が合祀されている。

 初代市川團十郎が日参し名をあげたことから「出世稲荷」と言われるようになったらしい。

 次に、人形町にある「大観音寺」を参拝した。
 この寺はいつも気にはなっていたのだが、参拝するのは初めてのこと。
 ここは、いわゆるビルの屋上?二階?に祀られている。

大観音寺
20220612008

 珍しいのが「韋駄天尊」が祀られていること。
 東京マラソンが近づくと、参拝者が増えるらしい。

20220612009

 日本橋界隈には、日本橋七福神に加えて、不思議な場所に鎮座している神社、仏閣が多数あり、興味深い。

|

2022.05.15

東京・谷中七福神めぐり

 近頃、天気が優れない時は山ではなく、七福神巡りなどの散策を楽しんでいる。
 今回は江戸(東京)谷中七福神めぐり。

 谷中七福神めぐりは、250年程前から始まったとされる江戸最古の七福神と言われている。そして、一般的な七福神めぐりは、神社と寺院が混在しているのが普通だが、ここ谷中七福神は寺院のみ。
 各寺院での御朱印(500円)は通年いただけるが、七福神巡り専用の台紙は、1月1日から1月10日の期間限定。
 多くの寺院では御朱印受付所が設置されていないので、その時は勇気をだして社務所(ほぼ玄関)のインターホンを押すことになる。
 前回の浅草名所七福神めぐりのような派手さは一切ない。

 東京都北区田端(JR田端駅)から、荒川区西日暮里(西日暮里駅)、そして台東区谷中、上野公園(日暮里・上野駅)と、3つの区をまたぐおよそ5.5キロ、歩いて1時間半ほどの散策コース。

 まずは【東覚寺】(福禄寿) 田端
 山門の石造金剛力士像は「赤紙仁王」と呼ばれており、自分の身体の不調な箇所に赤紙を貼ると治ると言われている。

東覚寺
2022051501

赤紙仁王(赤紙が貼り付けられているのが二対の仁王様です)
20220515002

20220515003

 【青雲寺】 (恵比寿) 西日暮里

 江戸時代には花見の場所として賑わったことから「花見寺」とも呼ばれている。

青雲寺
20220515004 20220515005

 【修性院】 (布袋尊) 西日暮里

 青雲寺とともに花見の名所として、歌川広重の「名所江戸百景」の「日暮里寺院の林泉」に描かれている。

修性院
20220515006

 【天王寺】 (毘沙門天) 谷中

 元禄3年(1690年)の「元禄大仏」がひときわ目立つお寺。

天王寺
20220515007 20220515008

 【長安寺】 寿老人 谷中

 ここの寿老人像は、徳川家康公の寄進と伝えられている。

長安寺
20220515009

 【護国院】 大黒天 上野公園

 天海僧正が東叡山寛永寺の開山と同時に創建させた寛永寺最初の子院

護国寺
20220515011 20220515012

 【不忍池辯天堂(寛永寺)】 弁才天 上野公園

 不忍池の中島に建てられたお堂。
 本尊である辯才天は、八本の腕を持ち、煩悩を打ち壊す武器を手にしている「八臂辯才天」

不忍池辯天堂
20220515017

 「谷中七福神」に加えて、上野公園周辺のパワースポットを巡る。

寛永寺
20220515013

清水観音堂(寛永寺)
20220515021

 清水観音堂境内にある「月の松」
 松の輪の向こうに見えるのは不忍池辯才堂

20220515022

上野東照宮
20220515014

 上野東照宮から見上げる旧寛永寺五重塔

旧寛永寺五重塔
20220515016

花園神社
20220515023

 花園神社と境内が隣接する五條天神社
20220515024

 そして、お顔だけの大仏様、上野大仏とパゴタ(仏塔)
 上野大仏は、絶対に落ちないということで、いまや合格祈願のパワースポットとなっている。

上野大仏
20220515025

パゴタ
20220515026

 結びに、湯島天神へ

20220515018 20220515019

 湯島天神のそばの「うさぎや」で名物のどら焼きを購入

20220515020

 

|

2022.05.01

浅草名所七福神もうで

 江戸文化発祥の地、浅草の地で祀られている九社寺の七福神を参拝さてきた。
 七福神巡りが流行したのは、江戸時代からと伝えられており,江戸(東京)の地では、日本橋七福神もよく知られている。
 仏教で進行された毘沙門天・大黒天・弁財天、儒教で尊ばれた福禄寿・寿老人・布袋尊、日本の神として尊ばれた恵比寿神が福徳円満の神として祀られ、人々の信仰をあつめてきた。

 浅草の七福神が九社寺なのは「九は数の究み、一は変じて七、七は変じて九と為す。九は鳩であり、あつまる意味をもち、又、天地の至数、易では陽を表す」という故事に由来したことによるようだ。

 今回は、上野駅を午前8時にスタートし、「矢先稲荷神社」⇒「浅草寺」⇒「浅草神社」⇒「待乳山聖天」⇒「今戸神社」⇒「橋場不動尊」⇒「石浜神社」⇒「吉原神社」⇒「鷲神社」を巡り、上野駅へ戻るコースを歩く。

 まず矢先稲荷神社。
 福禄寿が祀られており、拝殿の格子天井には「日本馬乗史」100名の絵が奉納されている。

20220501001 20220501002 20220501003

 誰もが知っている浅草寺。
 仲店商店街もオープンしていない時間帯にもかかわらず、この界隈は人で賑わっている。
 祀られているのは大黒天。

20220501004 20220501005

 浅草寺の境内に隣接し、「三社さま」として親しまれている浅草神社がある。
 恵比寿神が祀られている。

20220501006 2022050100720220504003

 浅草神社から東の隅田川沿いへ向かうと、東京スカイツリーがよく見える。
 アサヒビール本社と巨大オブジェと東京スカイツリーはなかなかの絶景!

20220501008

 隅田川沿いを北上し、待乳山聖天へ。
 毘沙門天が祀られているが、大根(野菜の)を供えるのが慣わしのようだ。
 なんでも大根は聖天の功徳を表すシンボルのようだ。

20220501009 20220501010 20220501011 20220501012

階段を昇らずにすむように、専用モノレールがあることに驚き!

20220504002

 今戸神社には福禄寿が祀られている。招き猫発祥の地とあり、境内は猫だらけ。
 沖田総司終焉の地とはどういうことだろう?

20220501013 20220501014

 さらに北上すると橋場不動尊がある。
 布袋尊が祀られている。
 書き置きの御朱印をお願いしたが、書き置きはないとのことで、またの機会に。

20220501015

 続いて白鬚橋近くの石浜神社へ。
 富士山遙拝所があったのが興味深い。

20220501016 20220501017 20220501018

 歩みを西に向け、吉原遊郭の歴史と重なり合ってる吉原神社へ。
 弁財天が祀られている。

20220501019 20220501020 20220501021

 九番目として酉の市で知られている鷲神社へ。
 寿老人が祀られているが、拝殿に置かれた巨大な「おかめ」のオブジェに目を奪われる。

20220501022 20220501024 20220501025

 浅草名所七福神めぐりの証である「色紙」。
 それぞれの社寺で書いてもらう。

20220504004

 浅草九社寺七福神巡りの結びとして、浅草寺近くの尾張屋で天丼を頬張る。
 開店の11時半にお店にたどり着くことができたためか、待つことなく店内へ入ることができた。

20220501026 20220501027

 

|

2022.04.25

国営ひたち海浜公園-ネモフィラー

 ネモフィラが見頃を迎えた国営ひたち海浜公園を訪れた。

20220425002

 GW直前のこの時期、開園時間は曜日により異なっているのでHPで確認が必要。
 今日は、駐車場へ入る車列渋滞に並ぶこと40分で入場することができた。
 GW本番はどれほどの渋滞になるのか予想もつかないし、想像するだけでゾッとする!

 とはいうものの、満開のネモフィラは一見の価値あり。

「みはらしの丘」入口付近
20220425001

 人の流れに逆らわぬよう、ゆっくりと歩みを進める。

20220425003

 古民家が建っている「みはらしの里」方面の一枚

20220425004

 ネモフィラ・・・

20220425005 20220425006 20220425007

 「みはらしの丘」のテッペンは標高58メートルで、ひたちなか市の最高地点

「みはらしの丘」頂上・・・すごい人・人・人
20220425008

 ふりかえれば大観覧車・・・

20220425009

 ネモフィラ・・・

20220425010 20220425011 20220425012 20220425013 20220425014 2022042501520220425016

 公園内では、ネモヒィラの他に、チューリップが見頃を迎えている。

20220425017 20220425018 20220425019 20220425020 20220425021

 海浜公園から車で20分程の那珂湊お魚市場へ立ち寄った。
 こちらも大混雑していた。

20220425022_20220425142401

|

2022.03.20

みかも山とかたくりの花

 かたくりの花との出会いを求めて、栃木県佐野市の万葉自然公園かたくりの里を訪れた。

20220320011

 みかも山公園西口広場駐車場へ車を駐め、みかもハーブ園を抜けてすぐ、階段状の登山道へ入り、青竜ヶ岳を目指す。
 青竜ヶ岳はみかも山の北側のピークで標高229メートルの低山ながら、山頂からは富士山や浅間山、日光連山などが望める好展望地。
 この青竜ヶ岳の北斜面にカタクリの群生地が拡がっている。

 青竜ヶ岳への登山道を登り始めてすぐに、シュンラン(春蘭)のお出迎え。
 あちこちで春蘭が咲いている。

20220320001

20220320016

 青竜ヶ岳山頂からは、富士山、浅間山、赤城山、妙義山、袈裟丸山、皇海山、日光白根山、そして日光連山などの眺望が得られる。

富士山
20220320002

浅間山
20220320014

皇海山
20220320015

 青竜ヶ岳から北側斜面を下ると、かたくりの群生地へ出るが、上部の登山道には鉄柵が設けられている。
 かたくり群生地の保護のためらしいが、一度山を下りてまわりこまないと群生地へ入ることができなくなった。

20220320003

 かたくりの花・・・・・午前10時頃なので、まだ十分に花が開いていない。蕾みも目立つ。
 十分に反り返った花を見るには、やはり、午後からがいいのだろう。
 それでも美しいかたくりの花々を愛でることができた。

20220320005

20220320006

20220320007

20220320008

20220320009

20220320010

20220320012

20220320013

 帰りに、みかもハーブ園の東側に昨年夏出来た古民家カフェ「プレジール」へ立ち寄った。
 ランチ、ドリンク、そして自家製酵母のパンと、一服するのにちょうど良い。

20220320019

20220320017

20220320018

 青竜ヶ岳は229メートルの低山ながら、登山道は急な斜面が多く、いいトレーニングになる。

|

2022.02.20

節分草咲く四季の森星野

 三峰山の麓、節分草の自生地として有名な、栃木市星野地区にある四季の森星野を訪れた。
 この時期、節分草とともに蠟梅(ロウバイ)も楽しめる。

四季の森星野
20220220001

 陽の光をあびて金色に輝くロウバイ
 花弁が細く中心部が深紅のものが「唐蠟梅」と呼ばれる。

唐ロウバイ
20220220002

 丸い花弁、キレイな濃い黄色が印象的なものが「満月」

満月
20220220003

 お目当ての節分草は、日当たりの良い斜面でやっと咲き出した程度・・・
 まだまだこれからの様子

節分草
20220220004

20220220005

20220220006

20220220007

20220220008

 四季の森星野から歩いて星野遺跡、星野自然村へ足を伸ばす。

福寿草
20220220010

20220220011

 永野川にはハヤの群れが泳いでいる。

20220220009

 星野自然村は、キャンプ場になっていた(驚)

20220220012

20220220015

 星野遺跡には、縄文時代の住居跡が・・・

20220220013

 何十年ぶりだろう・・・たろっぺ茶屋で田舎蕎麦
 まだ営業しているとは思ってもみなかった。

20220220014

|

2022.01.03

2022年~初詣~

 新年明けましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 令和4年の初詣・・・例年通り、日光の社寺へ

 まずは、今年も中止となった日光外山毘沙門天縁日の代替として輪王寺を参拝。
 その後、東照宮(開門前)、二荒山神社へ。
 いろは坂を上がって、二荒山神社中宮祠で祈祷をしていただく。

輪王寺
20220103001

東照宮
20220103002

二荒山神社
20220103004

二荒山神社中宮祠
20220103005

 日光からの帰路、久しぶりに晃石山へ。

晃石神社
20220103009

晃石山山頂
20220103010

晃石山山頂から日光連山を望む
20220103011

尾根伝いの青入山から浅間山を望む
20220103012

 晃石山の麓、清水寺ではロウバイやスイセンが見頃を迎えていた。

20220103006

20220103007

20220103008

|

2021.12.27

日本橋七福神巡り&浅草浅草寺

 コロナが再び感染拡大する前に、今年のお礼と来年の招福を祈願に、恒例の日本橋七福神巡りを行った。
 日本橋七福神に加えて、日本橋の福徳神社、さらには浅草浅草寺も巡拝。
 お昼には、永井荷風も通った浅草の尾張屋で天丼&天蕎麦を堪能。

日本橋七福神巡り まずは強運厄除けの神 小網神社
20211227001

小網神社境内にある健康長寿の福禄寿
20211227002

防災・生産の神 茶ノ木神社
20211227003

水天宮
20211227004

学業・金運 水天宮境内の寶生弁財天
20211227005

水天宮境内の親子のカッパ像
20211227006

松島神社
20211227019

厄除け・財運・福徳繁栄・疫病鎮め・・・ 毘沙門天が祀られている末廣神社
20211227007

笠間稲荷神社を参拝
20211227020

   椙森神社へ
 椙森神社は“富くじ”発祥の地?・・・年末ジャンボ当選祈願

恵比寿様の祀られている椙森神社
20211227008

 日本橋七福神巡拝の後、福徳神社、別名芽吹稲荷を参拝する。
 オフィスの高層ビル群に囲まれた不思議な空間・・・

20211227010

20211227009

 日本橋から銀座線で浅草まで

浅草
20211227011

浅草浅草寺へ
20211227012

20211227013

20211227014

20211227015 

 混雑を避け遅めのお昼は永井荷風御用達の尾張屋で・・・味付けは濃いめ

上天丼
20211227016

天ぷら蕎麦
20211227017

 新年こそコロナが収束し、穏やかな一年になりますように・・・

|

より以前の記事一覧